北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
SemiAccurate: 'Intel throws 10nm process upside down, new variant looks more like 12nm'(Hardware.info)

SemiAccurateによると問題が噴出しているIntelの10nmプロセスは放棄されたという。Intelは10nmプロセスで多数の問題を抱え、現在10nmプロセスがメインストリームとして利用できるのは2019年末になるという。しかしこの2019年末の10nm CPUは市場に投入するために、本来計画されていた10nmプロセスとは異なるという。
 
SemiAccurateではIntel 10nmプロセスのイールドの惨状を指摘している。望ましいsuccess ratesは50~60%であったが、初期の頃はそれが8~10%であったという。現在は改善しているが、large scale(大型のチップにスケールする、という意味でいいだろうか)には不十分であるという。“Cannon Lake”がようやく1種類登場されたものの、ノートPC市場の非常に小さな範囲に限定されている。

Charlie Demerjian氏によると、Intelは10nmで導入される改良のうちいくつかを削る、ないしは完全にキャンセルし、生産性を向上させたという。同氏はこの変更を「10nmプロセスと言うよりは12nmだ」と評している。つまり、Intelが10nmプロセスで導入予定だった数々の画期的な改良はその通りには達成されなかったことになる。

Intelの14nmから10nmのスケーリングが他社に比べて高く、様々な新機軸が導入される予定であったのはIntelの過去の公式発表からも知られているとおりだろう。しかし、その10nmが過去に類を見ない難産となってしまったのも周知の通りである。

今回の話は新たに作り直された“10nm”が、オリジナルの“10nm”と比べるとおとなしいものになるというものである。オリジナルの“10nm”で導入される予定だった新機軸のうちいくつかを見送ることでイールドを上げると述べている。一方で予定されていた程のスケーリングは得られず「10nmというよりは12nm」と評されてしまっている。

元ネタがSemiAccurateのCharlie Demerjian氏の記事なので過激な論調になりがちな点は留意しなければならないが、10nmの難産っぷりを見る限りでは一部の新機軸に見直しが入ってもおかしくはない状況である。

・・・それにしてもCharlie Demerjian氏の名を見たのは久しぶりである(SemiAccurateで変わらず活動されているようであるが、最近は私の方があまり見なくなってしまった)。


コメント
この記事へのコメント
160650 
この内容が正しければ配線層はGFの第一世代7nmプロセスに近い方式に切り替えたんだと思う

CascadeもZEN2にぶつけられる内容に何とか収まるだろうと予測出来るが実際製品としてどうなる事やらわからんね
2018/08/05(Sun) 07:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160651 
まあ、おんなじことをおんなじようにやれば同じように失敗するわけだから、何かは諦めているのは間違いないよね
2018/08/05(Sun) 08:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160656 
> 私の方があまり見なくなってしまった
ってのが気になってSemiAccurate見に行った。
もうちょっと突っ込んで書いてほしかったが、彼の論調だとBroadwellのGPUクロックから事は始まっていたということですか。
2018/08/06(Mon) 00:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160657 
さすがにここまで開発が難航してると何らかの経営判断は入って然るべきだね
2018/08/06(Mon) 00:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160658 
cascade lakeは14nm製品なんだが?
2018/08/06(Mon) 07:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160659 
ドスパラのリマークSSDは紹介しないんですか?w
2018/08/06(Mon) 09:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160660 
なぜ今頃?
もっと早い段階でゆるい10nmの立ち上げてればこんな体たらくにならずに済んだろうに。
14nmの成功体験とおごりでこんな事になったんだし、もっと苦しんでCPUの値段下げてくれ。
2018/08/06(Mon) 11:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160661 
GFとかTSMCの7nmと時期的にも集積度も同じくらいになりそうね。
来年はガチでアーキテクチャの勝負になるかな?
2018/08/06(Mon) 13:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160663 
これはプロセスのシュリンクが完全に詰んだか?
2018/08/06(Mon) 17:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160664 
「large scale」は大規模な生産って意味じゃないですかね
2018/08/06(Mon) 17:10 | URL |   #-[ 編集]
160668 
プロセスが進まないせいで、開発陣は暇だろうw
今のうちに色々と新しいことを試しておいておくれ
2018/08/06(Mon) 21:43 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
160672 
あ、そっかcascadeは14++nmか
cannonと間違えてたわw
2018/08/07(Tue) 00:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160676 
これで実質AMDとIntelのプロセスが並ぶわけで素子の数や性能に頼らないガチのアーキテクチャ勝負を期待
2018/08/07(Tue) 05:20 | URL | LGA774 #shG0gkhA[ 編集]
160679 
>160660
ゆるい10nmにするということは他社により肉薄されるということで、intelは突き放すための賭けに出て失敗したんじゃないかな。
開発リソースを分けて並行開発すれば両方とも遅くなる。今回を経営判断のミスと言うならそうなんだろう。
2018/08/07(Tue) 10:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160691 
これで実質AMDとIntelのプロセスが並ぶわけで" と書いたけど、これつまりARM勢辺とも並ぶわけでデーコード部が無駄に重いx86の終焉が始まる気がしてきた…


あるいは、transmeta方式の復活w
2018/08/08(Wed) 04:56 | URL | 160676 #mQop/nM.[ 編集]
160692 
3年前の状況を思えば賭けってほどでも無かったんだけどね。
押っ取り刀になった新10nmの出来が不安。

>160676
トランジスタ単体の性能には差があるかも
2018/08/08(Wed) 08:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160757 
まぁ今まで散々タラタラときたバツみたいなものかな?
AMDに今度は引き離されていきそう
2018/08/14(Tue) 15:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9464-93efa0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック