北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel will launch its X599 chipset for its 28-core processors(HD-Technologia)

Computex 2018でIntelは28-coreのHEDT向けProcessorとそのプラットフォームのデモを行った。そして今回その詳細が少しだけ明らかになった。最大28-coreのHEDT向けプラットフォームはSocketにLGA3647を用い、チップセットとしてX599が用意される。
 
Xeon Scalable Familyと同じLGA3647を用いることもあり、メモリチャネル数も6chに強化される模様。

最近の情報ではIntelの今後のHEDT向けプラットフォームはまず第3四半期に現在のLGA2066を用いる“Basin Falls”のRefresh版となる“Basin Falls Refresh”が投入され、“Skylake-X”の22-coreが投入される。そして第4四半期に“Basin Falls→Basin Falls Refresh”の系譜であるX processorのさらにその上のA processorと呼ばれる超ハイエンドCPUが投入され、これがLGA3647を用いる最大28-coreのCPUになると見られている。

今回の情報で新たなものは、そのLGA3647 28-core CPU(A processor?)と組み合わされるチップセットがX599になるかもしれないという話である。そのX599なるチップセットの詳細は全くの不明であるが、おそらくはXeon Scalable Familyで用いられているIntel C620 seriesをHEDT向けに改良したものになると予想される(なぜ500番台に飛ぶのかはよくわからないが)。

(過去の関連エントリー)
Core i9 9900Kは10月なのか?―揺れ動くIntelのCPUロードマップ(2018年8月3日)


コメント
この記事へのコメント
160750 
22コアとか本当にギリギリ感丸出し
28コアは大量生産せず少数小出しで乗り切り、来年10nmで逆襲
2018/08/14(Tue) 06:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160754 
IntelとNVIDIAは、なにかケチがつくとすぐに、頭の英字か、後ろの数字をいじる印象がある。ケチがついたのは、中身でなく、商品の名前であると主張したいがように(実際そーなんだろーが)
2018/08/14(Tue) 12:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160766 
>来年10nmで逆襲
できません
10nmは当初の計画より劣化してるし、
HEDT向けはIceLake-SPの流用だから登場は再来年
2018/08/15(Wed) 00:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9477-1a605e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック