北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA TU106 Chip Support Added to HWiNFO, Could Power GeForce RTX 2060(techPowerUp!)

HWiNFOに未発表の“Turing”アーキテクチャのコアであるTU106のサポートが追加されることが明らかになった。これまでのラインナップを振り返ると、TU102はQuadro RTX 8000/6000やGeForce RTX 2080 Tiに使われ、TU104はQuadro RTX 5000とGeForce RTX 2080、及びRTX 2070のベースとなっている。そしてこれまでのNVIDIAのGPUコアの命名規則を踏まえるとTU106はTU104よりも小さなダイとなりGeForce RTX 2060に使用されると予想される。
 
TU106 (2018年9月7日)

現在のところ確からしいのはTU106というコアが存在することのみである。これまで発表されたコアと製品の関係についても、TU102=GeForce RTX 2080 Ti, Quadro RTX 8000/6000、TU104=GeForce RTX 2080, Quadro RTX 5000までは正しいと思われるが、GeForce RTX 2070がTU104のカットダウン仕様なのかあるいはTU106が使われるのかははっきりしていない。従来通りであれば“70”のGeForceは“4”のコアのカットダウン仕様となり、“60”のGeForceは“6”のコアが使われるので、GeForce RTX 2070=TU104・GeForce RTX 2060=TU106という見方は根強いものであるが、あくまでも「前例に則れば」こうなるというまでの話で、GeForce RTX 2070に使用されているコアはまだ確定していないということは留意しなくてはならない。

“Turing”系列のコアのダイサイズであるたTU102が754mm2、TU104が550mm2前後である。コアとして有しているCUDA coreの数はTU102が4608、TU104が3072である。3DCenter.orgではTU106をTU104のほぼ半分の規模のダイと予想しており、ダイサイズ320~340mm2、CUDA core数1536、メモリインターフェース192-bitと予想している。またRT CoreやTensor Coreも上位同様TU106でも搭載されると予想しており、その数もTU104の半分であるTensor core 192、RT performance 4GRay/secとしている。GeForce RTX 2060=TU106で、TU106でもTensocre CoreとRT Coreを搭載するとすると、NVIDIAはTensore CoreとRT Coreを上位製品のみに限定せず、メインストリーム製品にももたらすことになる。

だが、上記のTU106のスペックはあくまでも予想であり、GeForce RTX 2070=TU106という可能性もあることは頭の片隅にとどめておきたい(個人的にはGeForce RTX 2070=TU104、GeForce RTX 2060=TU106説を推したいが)。


コメント
この記事へのコメント
161018 
AMDとのコア数拡大競争を一気に終わらせに来たな。GPGPUに続いて、グラフィックス用途でもゲームチェンジを仕掛けてきた。
AMDがIntelに気を取られてる隙をついた感じ。AMDのリソースでは二正面作戦は厳しいだろう。
2018/09/08(Sat) 00:53 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
161021 
リアルタイムレイトレが普及する前にAMDがPascalを上回る従来型GPUを投入してNVIDIAをリードすれば1,2世代は天下を取れるかもしれん
でもロードマップにそんな予定が無いんだよな…
2018/09/08(Sat) 03:24 | URL | LGA774 #H6hNXAII[ 編集]
161024 
GTX1060ユーザーだけど
RTX2080と2080Ti見たら絶望しかない。レイトレは重いしDSLLは非対応だと無駄なコアだから要らない。
7nm世代のRadeonに期待。
2018/09/08(Sat) 05:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161028 
あるた
2018/09/08(Sat) 09:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161030 
GTX 1070のGP104は314 mm2なのでRTX 2070の製品レンジ的にはTU106しかなさそうに見える
TU104て最早GP102よりデカいので価格も相応になるはず
2018/09/08(Sat) 10:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161032 
161018

個人的にはAMDにはRXシリーズになってからあまりNVIDIAと正面対決するという意思を感じられない。
もはやAPUに必要十分なGPUができたらいいやくらいのやる気しかないように思える。
2018/09/08(Sat) 12:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161037 
仮に2070がTU106だとした場合、TU104は2080専用になり、TU106のバスは256bitということに
さすがに不自然なので、いつも通りに1票
2018/09/08(Sat) 15:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161042 
>161024
たぶんNVも旧来のゲーマー向けの救済措置が何か入ると思う。
この価格UPではAMDにひっくり返されかねん。
2018/09/09(Sun) 07:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161050 
勝負を急ぎ過ぎてる感があるな
何をそんなに焦ってるんだろうか
レイトレゲームは普及する気がしないし、対応GPUはダイが肥大化しているし、今対応する意味は全くないと思うんだが
2018/09/10(Mon) 04:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161052 
歩留まりを確保したいだけならせいぜい2-3SMを無効にすれば十分なはずなので、1080->1070のように1/4をざっくりカットするのは勿体無い。
最初からフルスペック版を用意しないというのは70がカットダウン版じゃないことを意味しててもおかしくない気はする。製品ごとにダイを作ってフルスペック版を作らずカット版だけを売る作戦かもしれない。
2018/09/10(Mon) 10:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161055 
レイトレーシングはエロいかどうか
誰かそれを言及してくれまいか
光の表現はそれなりに重要なんだろうが解像度や動きの滑らかさ素材の質感等に比べれば優先度が下がる気がする
総合的なリアリティーは上がるんだろうけども
流体演算とかの方がたぶんエロい
2018/09/10(Mon) 19:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161062 
videocardz.com/77895/the-new-features-of-nvidia-turing-architecture

2070はTU106の、しかもフルスペックということだ。常識的に考えればカットダウン版の2060Ti(?)が作られるとは思うけど。
2070はTU102を半分にしたもので、そうなると2060はTU104を半分にしたものだろうな。この図からすると、RTコアもTensorコアも下位モデルからも外せないように見える。
2018/09/12(Wed) 08:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161096 
>161050
先に専用の規格でだして他で動かないソフトを増やしたいだと思われ
自社製品以外で動かないってのを作るのが好きだから、迷惑でしかないけど
ソフトは一度作ってしまうと何時までも引きずる癖のある世界だから
2018/09/15(Sat) 00:50 | URL | LGA774 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9503-ea494141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック