北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA GeForce GTX and GeForce RTX to Coexist in Product-Stack Till Q1-2019(techPowerUp!)
NVIDIA: GeForce 1000 Series To Sell into 2019 - likely no RTX for Lower End Cards(Guru3D)

Financial analyst callでNVIDIAのCFOであるColette Kress氏が、同社がGeForce GTX 10 seriesを今後すぐに引退させる予定はないことを明らかにした。そして、今年末までは最新のGeForce RTX 20 seriesとGeForce GTX 10 seriesは併売されるとした。
 
「NVIDIAはHoliday seaseonまで、“Turing”と“Pascal”の両方を併売する」とKress氏は説明した。NVIDIAは2018年第4四半期初めまではGeForce RTX 20 seriesのラインナップをGeForce RTX 2080 Ti, RTX 2080, RTX 2070にとどめる見込みで、“スィートスポット”となるGeForce RTX 2060に相当する製品が登場するのは今年末であろうと推測される。

現在明らかにされている“Turing”アーキテクチャ採用製品の価格は上位に分布しているため、必然的に下の価格帯は現行の“Pascal”が担うことになる。なので多かれ少なかれ“Turing”と“Pascal”がしばらくの期間併売されるのは不自然なことではない。しばらくは“Pascal”もラインナップが維持される見込みであるが、“Turing”の製品が出そろい次第徐々に上から引退を迎えていくことになるだろう(ローエンドのGeForce GT 1030を別とすると、GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050が最後まで残るだろうか)。

その“Turing”ことGeForce RTX 20 seriesであるが、どのSKUまでRT CoreとTensor Coreが搭載されるかがちょっとした議論となっている。

NVIDIA's 20-series Could be Segregated via Lack of RTX Capabilities in Lower-tier Cards(techPowerUp!)

Citi 2018 Global Technology Conferenceで行われたQ & AでColette Kress氏が次のように発言している。

「NVIDIAはRay-tracing cardsをスタートさせた。GeForce RTX 2080 Ti, RTX 2080, RTX 2070を(Ray tracing cardsの)全市場向けに投入する」

若干ぼかされた雰囲気のある文章であるが、大幅にずれていることはないはずだ(と思いたい多分)。そしてこの字面の通りとらえるとGeForce RTX 2070未満の製品にはRay tracing周りのハードウェアは搭載されないと推測される。

実際、2060に相当する製品がRay tracing周りを有効としてGeForce RTX 2060となるのか、Ray tracing周りを無効としてGeForce GTX 2060になるのかは情報が割れている。TU106と呼ばれるコアはあるようだが、これについてもGeForce RTX 2060向けではなくGeForce RTX 2070に使われるものだと述べるメディアも多い(この場合“2060”にはRay Tracingを無効化したTU116と呼ばれるものが使われ、GeForce GTX 2060になる)。

techPowerUp!はRay Tracing周りのハードウェアがGeForce RTX 2070以上に限定されるという見方に疑問を投げかけており、Colette Kress氏の発言をもってGeForce RTX 2070未満の製品はRay Tracingが無効化されるととらえるのは尚早であるとしている(確かに“2060”に相当する製品は未発表であり、未発表の製品について軽々しく語ることは出来ないだろう。若干苦しさはあるが「現時点では」GeForce RTX 2070以上が全てだ、という意味でもまあおかしくはない)。

GeForce RTX 2070以上と未満でRay Tracingの有無が分かれるという推測に対するtechPowerUp!の反論は2点で、まず分けた場合にユーザー集団が分断されてしまうこと、そしてゲームプレイヤーの多数派は“60”やそれ未満のカードを使用しているユーザーであることを挙げている。そして、分断した場合には少数派である“2070”以上のユーザー集団に向けてRTXの機能を盛り込まなくてはいけなくなり、開発者はそれを好まないだろうと指摘している。また、同じ2000番台でRTXとGTXが混在するのはマーケティング状好ましい状態ではないだろうとも述べている(かとおいって全部RTXを名乗らせておいて2070以下と未満でRay tracingの有無が分かれるのは論外)。

個人的にはRT CoreやTensor Coreを広く普及させるのであれば、techPowerUp!の主張通り、2060や2050程度まで対応させて下地を作っておくのが良さそうに感じるが、TU102やTU104のダイサイズやトランジスタ数を見ると、実装のコストも無視できなさそうなので、実際どうなるかは読めない(革新的な技術はリスクがつきもので、過去にも鳴り物入りで導入した配意が下地が作れずお蔵入りした例は枚挙にいとまがない。今回もRay Tracing周りでごたついている間にRadeonがユーザーをかっさらっていくとか、次の3000番台ではRT Coreなにそれ美味しいの? になる可能性もないわけではない)。

実際GeForce RTX 2070=TU106=Ray Tracing対応カード最下位の見方も強いが果たしてどうなるか・・・はGeForce RTX 2070ないしは“2060”の発表時までお預けだろうか。


コメント
この記事へのコメント
161058 
ユーザーの分断とかアホらしい。VR対応だってミドル以上に限定されてるじゃん。レイトレ対応も同じに考えとけ。
2018/09/11(Tue) 23:09 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
161059 
年末にこっそりと2060をリリースする姿が見えた…
2018/09/11(Tue) 23:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161060 
アキバでは20シリーズは価格的に出足が鈍そうという情報もあるし
忌み子になる可能性もゼロではないかな

リアルタイムレイトレーシングはゲーミングに必要なのか

この議論のスタート地点になるという意味のある製品だと思う
2018/09/12(Wed) 04:59 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
161061 
出始めっての差し引いてもなんだかレイトレ自体がぬるゲーマー的には微妙な感じだしなぁ……。
そんなんなくても最近のゲームは十分キレイだし、鏡やガラスにオブジェクトが映ったからってそれに超反射して後ろ振り向けるかっつーとおっさんには無理
むしろコア肥大による高価格化と大作の一部に留まりそうな対応ゲーム、AMDの乗り気で無さそうな雰囲気見てもメリットとデメリットが拮抗かややデメリット優勢ぽいG-SYNCとかPhysXみたいな運命辿りそうな気が……。
レイトレ推進にコンソール機取り込んで標準化できれば一気に普及するんだろうけど、ゲームベンダー含めて標準化できんのかちょっと不透明すぎる現状、RTXシリーズはコストアップ要因のネガが優勢に感じる
2018/09/12(Wed) 05:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161065 
性能的に使えるかどうかはともかく、機能的な面では上から下までソフトウェア的な互換性は保つのが今までのやり方だったから、techPowerUp!の主張に一理有るかなと思う。2060番台GTX説は、RTコアを無効にしたPascalの順当強化版を安く出して欲しいという願望が出すぎているのではないかと思う。
2018/09/12(Wed) 09:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161070 
今世代の専用コアは一過性の物と思う
7nmのRADEONは無視できない性能の"はず"なので、
RADEON側でも専用コアを設ければ乱発されたDirectX9の悪夢が再び起こり
グラボベンダーの反発は必至なのでNVIDIAも引っ込めると思う

RADEONがプロセスルール先行してもGeforceに太刀打ちできない性能だった場合や、RADEONが専用コアを設けずAMD的な共通規格路線で来た場合はこの限りではないけど
2018/09/12(Wed) 19:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161071 
10x0のチップ在庫が積みあがっているということか?
2018/09/12(Wed) 19:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161072 
RTXとGTXで分かれるとか。
昔はGTSとかあったしさ。
2018/09/12(Wed) 20:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161079 
レイトレーシングのAPI規格はNVIDIA独自のものじゃないと何回言えば
2018/09/13(Thu) 12:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161082 
VRは絶対性能が指標になってたからRadeonも割と乗り気だったけど
こっちは絶対性能がそもそも足らないというか
最悪RTXが切り捨てられて次のグラボだとRTX利用できない(レイトレはできる)
みたいなせっかく次世代待ったのに見たいなことになりそう
2018/09/13(Thu) 16:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161085 
RTX2060〜2050に期待してお寝んね
2018/09/13(Thu) 22:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161088 
結局、アーキ的にMとPはグラフィックスのためのGPU。
Turingはグラフィックス(プロ向け)とDeepleaningを一般化させるためのGPU。
Quadroから発表したことも含めそう感じます。
ゲーマーのためのGPUではない。
2018/09/14(Fri) 00:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9506-1217dfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック