北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Alleged AMD EPYC ‘Rome’ 7nm Based 64 Core Processor Performance Leaks Out – Scores an Incredible 12,500 Points in Cinebench Multi-Tasking Benchmark(WCCF Tech)
[CPU] The strongest in the universe will be hurt --------------7002---------- Good play has just begun(Chiphell Forum)

7nmプロセスで製造される次世代EPYC―“Rome”のベンチマークのスコアを示したものとされるスクリーンショットがChiphellのForumに掲載された。
 
掲載されたのは“Rome”のEngineering Sampleと、それを用いて行われたCineBench R15のスクリーンショットである。まずCPUそのもののサイズであるが現行のEPYCである“Naples”と同じ寸法である。そしてCineBench R15のMulti-threadベンチマークのスコアであるが驚異的な12587という数字を記録している。32-core/64-threadのRyzen Threadrippre 2990WXの定格でのスコアが5500前後、EPYC 7601が6000前後であるため、これらの2倍以上のスコアとなる。

“Rome”―EPYC 7xx2 (2018年9月16日)

7nmプロセスで製造されるEPYC 7xx2―“Rome”は2019年に予定されており、現在主要なパートナーやOEMにそのサンプル配布が始まったことが明らかにされている。“Rome”は7nmプロセスへの移行とともにアーキテクチャも“Zen 2”に移行し、IPCの向上や周波数の向上、そしてコア数の増加が図られる。“Rome”のコア数については48-coreという噂と64-coreという噂が流れているが、このスコアが本物であるなら64-coreだろうか。

まだ怪しげなもので、もちろん偽物の可能性も多いにあるが、いよいよ“Zen 2”が現実のものになり始めたという予兆は感じられるだろう。


コメント
この記事へのコメント
161113 
これが本物ならIntelも真っ青だな(元々青色か)
2018/09/16(Sun) 11:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161114 
いやいやいやいやw TDP 600Wとか?
2018/09/16(Sun) 12:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161115 
64コアの128スレッドだったらありえる
2018/09/16(Sun) 14:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161116 
そうかAMDが緑→赤にしたのは財務上の理由だったか(違
2018/09/16(Sun) 16:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161117 
>161114
大消費電力でも電力効率同じでフットプリント減れば
導入コストでintelに勝つるというのがAMDの狙いかもね。
ヨンコイチに競合しうるビッグダイなんてintelはコスト的に作れないし。
2CPU-128C/256Tの4Uラックサーバが1.2kWって、数字で見たらかなり良い感じだ。
2018/09/16(Sun) 16:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161118 
シングルがますます弱くなるな
2018/09/16(Sun) 17:31 | URL | LGA774 #SFo5/nok[ 編集]
161119 
これそのものは買えなくてもRYZENもすごいの出てくるよねえ……これが本当の数値だとすればだけど
2018/09/16(Sun) 18:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161121 
Epyc 8000(Milanは9000)かと思ってましたけど2!?
自分が7351P買う頃にはZen2でてそう。
2018/09/16(Sun) 20:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161122 
インテル真っ青は上手いwww
ryzenTR2990wxがTDP250wだからzen2のEPYCはそれより低クロック&コア倍増だ&微細化だから64CでもTDP400w以内になる、という可能性はあるだろうか?
2018/09/17(Mon) 00:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161124 
AMD「Intelさんが極冷スコア出してたので、うちもやってみましたー」
2018/09/17(Mon) 03:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161125 
・プロセス更新(14LPP→7nm)
・アーキテクチャ更新(Zen→Zen2)
・ファウンダリ切り替え(GF→TSMC)

もし本当なら
この三つの効果によるものなのかね
2018/09/17(Mon) 05:33 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
161126 
Zen2のRyzenが製品として売り出されるのは2019年後半かな?
2018/09/17(Mon) 06:27 | URL | Socket942 #-[ 編集]
161128 
EPYCだから当然TDPも現EPYCと一緒の180Wだよ
まあ、この数値が本当か、定格でなのか不明だけど
2018/09/17(Mon) 10:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161129 
ロマン溢れる怪情報・・・好き!
2018/09/17(Mon) 15:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161130 
EPYCは周波数抑えてるサーバー用なのに今のスリッパの倍以上出るのは何とも眉唾だなぁ。コア数は倍にしてるとしても
2018/09/17(Mon) 17:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161131 
コア数倍にしてもベンチスコアは倍には届かない。
アーキに因るIPC増はそれで相殺され、
スコアを倍以上にするならクロック増に頼ることになると思うんだよね。
それでもTDPが500W以下になるというなら、今までAMDは相当我慢してGF使ってたんじゃないかと。
2018/09/17(Mon) 17:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161132 
TDPなんて意味ないでしょ。
2700Xも8700kも普通に上回った消費電力だし
2018/09/17(Mon) 20:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161133 
Intel真っ青は草
んでMultiThreadが10000超えるのも草
2018/09/17(Mon) 23:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161134 
※161122
それだと既存のシステム環境が全く使えなくなるので
市場からはすっぽかされて売れないと思います
2018/09/18(Tue) 16:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161135 
>シングルがますます弱くなるな
IPCもクロックも向上すると言われてるのに、
どうしてそんなバカげた発想に至るのか不思議
2018/09/18(Tue) 17:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161136 
7nm化による低消費電力とモバイル向けの設計だったのにさらに改良加えれば
250Wの枠でこの数値を出すことも十分可能
そして16コア*4であるならメインストリームが16コアへと一気にアップするってことでもあるわけで
EPYCでこの数値なら1チップになるメインストリームのクロックも期待できる
8c16tをこれから投入するintelにとっちゃ脅威だろうな
2018/09/18(Tue) 17:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161139 
7nm64c128tは14nm32c128tとTDPは同じ位にするはず。180W位かな?
2018/09/20(Thu) 03:10 | URL | Socket942 #-[ 編集]
161141 
これは大型の空冷か水冷かな?
Intelの極冷よりは良さそう
※比較すべきではない
2018/09/20(Thu) 20:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161142 
ちょっと信じられないぐらい性能あがっているね。12nmのピカソも期待できる?
2018/09/21(Fri) 20:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161167 
あり得ない数字ではなさそうだ
intelでいうチクタク両方だからね
Zen2までは確実にジム・ケリーの設計だしアーキテクチャ的に不安要素は少ない
唯一の心配はセキュリティー関連の追加修正によるパフォーマンス低下だが元々intelより該当箇所が少ないので大丈夫じゃないかな
後はTSMC次第ってところだが果たして
2018/09/23(Sun) 21:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9514-db8abb6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック