北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel CEO releases update on 14nm supply issues - Invests in more capacity(OC3D)
Intel acknowledges "pressure" on its 14-nm production capacity(The Tech Report)

Intelの14nm CPUの供給不足が報じられているが、これに対しIntelのCEOであるBob Swan氏が14nm CPUの生産を拡大するための投資を行うことを明らかにした。
 
2018年上半期において我々の業界は記録すべき成長を見せた。
現状であるが、データの増加や処理・蓄積・解析に対するニーズの増大、自動車業界の変革、クラウド及びネットワークにおける演算性能の要求は著しいものがある。IntelのData-centric businessは6月に25%増加し、クラウド部門はこの6ヶ月に43%の伸びを見せた。


途中は割愛するが、データセンターやクラウド、ネットワークなどにおいて依然として強い需要があり、著しい伸びを見せていることが背景にある。またPC市場も伸びたと説明している。

IntelはXeonとCore processorの生産を優先し、高性能を求める市場に供給ができるようにしてる。その一方で、特にエントリーレベルのPC市場における供給が不足気味なのは疑いようがない。

高性能向けを優先しているが、供給はタイトで、特にエントリー向けが不足している模様。その上で次のように対策を講じると述べている。

Intelは2018年に150億ドルの設備投資を予定している。そして14nmの生産拠点であるオレゴン、アリゾナ、アイルランド、イスラエルに対し10億ドルを割り振る。他の効率化も合わせてこれらの資本ににより、需要の増大に答える。また10nmの準備も進める。イールドは増加しており、2019年の大量生産を見込んでいる。

14nmの設備に対する投資と、10nmの生産立ち上げにより、需要の逼迫に応えるとしている。

Intel 14nm Processor shortages continue until mid-2019 (+ Open letter Update)(Guru3D)
Intel Processor Supply Issues to Persist Till 2H-2019: Compal President(techPowerUp!)
「かなり深刻です」(9/30)・・・複数ショップ店員談(hermitage akihabara)

しかしながら、Intel CPUの供給不足は2019年中頃まで続くとアナリストは予想している。また現在は影響がでていないように見える国内市場にも、品不足の影響が出始めており、国内代理店には既に在庫がないと報じられている。そして10月に予定されているCore i9 9900K, Core i7 9700K, Core i5 9600Kについても流通量は少なくなるのではないかとみられている。


コメント
この記事へのコメント
161263 
高多層過ぎて製造が大変なんだよ
2018/10/01(Mon) 23:48 | URL | LGA774 #kx29OmA6[ 編集]
161264 
判断が遅すぎ。今頃だったら10nmに追加投資して、1年後の立ち上げで大量生産した方がいいでしょ?
2018/10/02(Tue) 00:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161265 
今から14nmに投資するとか、本当に深刻っぽいですねぇ。
最近4770Kマシンが不安定で9900K待ってたんですが…スリッパ検討するかなぁ。
2018/10/02(Tue) 01:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161267 
AMDにとってはチャンスだな。
特に保守的なサーバー向け市場はintelの独壇場だけど、それを崩すいい機会。
opteron全盛期くらい回復すればいいのにね。
2018/10/02(Tue) 06:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161268 
10nmの初手にXeonが含まれるわけでもないし、投資して10nmの生産量が上がるならこんな大惨事は起きてないだろう
2018/10/02(Tue) 07:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161269 
9900k 年内発売されるか...
2018/10/02(Tue) 08:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161271 
14ラインが足りないのは10nmが遅れてるからだろうけど、
ここで14増設って更に10nmが遅れる覚悟してんじゃないの。
2018/10/02(Tue) 09:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161272 
>161264
10nm一点張りできるほど見通しは明るくないということじゃないの?
2018/10/02(Tue) 11:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161273 
実績十分な14nmなら、10nmに急激に移行するよりも潜在的なリスクも低いだろう。
逆にいうと、来年時点でも10nmの生産技術が枯れるに至ってないだろうということでもある。
10nmの生産が急増するのは、もっと10nmが安定して投資効率が良くなってからだろうね。
2018/10/02(Tue) 11:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161274 
celeron,
pentium
i3
i5
生産中止で、i7,i9,xeonのみ生産します。これでいいだろ。
2018/10/02(Tue) 14:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161276 
不足でRyzenが多くの所で採用になったら嬉しいんだけど、一部のとこは何が有っても使わないって感じなのかな
2018/10/02(Tue) 20:15 | URL | LGA774 #sSHoJftA[ 編集]
161277 
10nmも製造出来る装置導入して、とりあえず14nmを製造するって感じかな
2018/10/02(Tue) 21:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161281 
初代10nmではクロック上がらないだろうし
しばらくは(特にデスクトップ)Octa Coffeeでお茶を濁すのでしょう。
2018/10/02(Tue) 23:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161299 
前CEOのせいなんだけどね。
2018/10/03(Wed) 11:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161303 
10nmが完成しても、14nmプロセスを他のものに使うようになるだけで捨てるわけじゃない
実7nm(他社の言うところの5nm)の見通しが各社よろしくない現状からして、CPU用だけでなくチップセットやネットワークチップなどのために14nmあたりが酷使されることになるのは間違いない
さらに、前までは2世代型落ちのプロセスが多用されてたものも性能上の理由で1世代前のを使うようになってきていて、余計にプロセスの需要が高い
2018/10/03(Wed) 11:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161304 
>161276

Ryzenはまだ脆弱性とかについては今調査されてる段階で、高いセキュリティを要求される用途には採用できない
(発売されたのをセキュリティ研究者が買ってきて、それを数年かけてじっくりイジメ倒すことでやっと脆弱性が見つかる)

直感に反するかもしれないけど、脆弱性情報が多く出ているというのはそれだけ隅から隅までチェックされているということで、チェックされていないものよりセキュリティリスクが小さい
2018/10/03(Wed) 11:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161306 
>161277
その方法なら10nmの量産が始まった後も腐らずに済むな。
しかし露光装置ってそんな簡単に使い回し利くのかね?
2018/10/03(Wed) 11:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161324 
>161304
いや、脆弱性に関して言えばこれまで話題になった
攻撃手法のアイディアはintel, AMD, ARM製品に同様に試されてるよ。
詰まるところ今現在の話が全てで、今は確かにintel製は劣等だし、
来年もintel製が今年同様に劣等のままという確証もない。

どちらかといえば、Ryzenは動作検証にコストがかかるのを嫌われてそう。
今までintel製品を使っていた医療とか測定機器とかリアルタイム処理とか、
多分intelのコスパやワッパがAMDの半分のゴミ屑石になっても
舌打ちしながら使ってもらえるんじゃなかろうか。
数百とか数千万円のシステムでCPUの単価なんて高が知れてるからね。
2018/10/03(Wed) 21:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161326 
これやばいやつだわ
今日会社で部材調達出来ないって大騒ぎになってる
2018/10/03(Wed) 21:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161328 
>161306
露光装置の光源なんてここ10年以上ずっとArFだし
液浸露光とどれだけパターニングを行うかで微細加工してるだけだし
10m作れる露光機なら14nmは問題ないでしょう
ただインテルの基本的な考えであるcopy exactlyには反するし
装置が変わると条件出しを壱から行うことになるので現場は大変になるでしょうけど
2018/10/03(Wed) 21:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161332 
>161267

Opteronは確かに良い石だったけど加えて相手がインテルの黒歴史ネトバだったからねえ
Ryzenも素晴らしいがあの時ほどのアドバンテージはないんじゃないかな
後は当時積極的にOpteron採用した所の多くがチップセットのじゃじゃ馬っぷりに苦労しただろうことは想像に難くない
「安定したシステム」を求める業務にAMDが再度受け入れられるにはもう少し時間が掛かるかもしれないね
2018/10/03(Wed) 22:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161333 
>161304
それはあまり関係ないと思うけどね
そういうの気にするような所の方が扱ってる
2018/10/04(Thu) 01:24 | URL | LGA774 #sSHoJftA[ 編集]
161335 
>161277
>161306

使いまわしはまずない
露光装置だけが製造装置じゃない
そもそもダイサイズの限界値も違うし、露光パターンも全く異なるものを使う
そして、プロセスルールを変更すると新築と変わらない初期生産期間が必要だから、わざわざ14nmプロセスを潰して建て直すのとあんまり変わらん
2018/10/04(Thu) 07:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161346 
>161324
残念ながら、「先にIntel製CPUで網羅的に探した脆弱性をとりあえずARMとZenにも試してみる」というのはZenに対する網羅的検証とは言わない
2018/10/05(Fri) 06:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161352 
>161335
確かに露光機以外にもCMP,CVD、イオン注入装置等様々ありますが
プロセス毎に装置が使い回せないのでしょうか?
最新のプロセスはよく知らないので教えて下さい

>露光パターンも全く異なるものを使う
これについても教えていただいけたらと思います

>そして、プロセスルールを変更すると新築と変わらない初期生産期間が必要だから、わざわざ14nmプロセスを潰して建て直すのとあんまり変わらん
これについては同意です
2018/10/06(Sat) 02:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9531-5193554d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック