北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Announces Cascade Lake Advanced Performance and Xeon E-2100(techPowerUp!)
Intel Also Announces Xeon E-2100 Series processors(Guru3D)
Intel Cascade Lake AP: 48 cores with 12-channel DDR4 in multi-chip package(Guru3D)
Intel Goes For 48-Cores: Cascade-AP with Multi-Chip Package Coming Soon(AnandTech)
Intel Cascade Lake-AP Xeon CPUs embrace the multi-chip module(The Tech Report)
Intel Cascade Lake-AP Is This 4P Cascade Lake Xeon in 2P(Server The Home)
Intel Shows Breadth of Data-Centric Platform with Cascade Lake Advanced Performance and Xeon E-2100(Intel)

Intelは11月4日、新たに2種類のXeon processor―2019年上半期リリース予定の“Cascade Lake Advanced Performance”と本日より解禁となるエントリーサーバー向けのXeon E 2100 seriesを発表した。
 
“Cascade Lake Advanced Performance”はXeon Scalable Processorの新たなクラスとなり、最も性能を要求する用途―高性能コンピューティング(HPC)やAI、infrastrcture-as-a-service (IaaS) 向けとなる。“Cascade Lake Advanced Performance”はMulti-chip packageを採用し、CPUコア数は最大48-core、メモリは12ch DDR4に対応する。

“Cascade Lake Advanced Performance”の性能指標として以下がIntelの公式Webサイトに掲載されている。

  ・Linpack:Xeon Platinum 8180×2の1.21倍、EPYC 7601×2の3.4倍
  ・Stream Triad:Xeon Platinum 8180×2の1.83倍、EPYC 7601×2の1.3倍
  ・AI/Deep Learning Inference:Xeon Platinum 8180×2の17倍

“Cascade Lake Advanced Performance(以下Cascade Lake-AP)”の構造等についてはAnandTechが解説している。

“Cascade Lake-AP”がMulti-chip packageを用いていることはIntelのニュースリリースでも明らかにされているが、具体的には28-coreのExtreme Core Count (XCC) のダイを2つ、1つのパッケージに封入したものとなる。ただし、XCCのもつ28-coreのうち24-coreのみが有効化された状態であるため、コア数は24-core×2の48-coreとなる。2つのダイはUPIで接続されるが、Multi-chip packageのこの接続にEMIB technologyは用いられていないとAnandTechは解説している。1つのダイは6chのDDR4メモリコントローラを有するため、2ダイ構成の“Cascade Lake-AP”は合計で12chのDDR4メモリコントローラを有することになる。またPCI-Expressレーン数も大幅に増加し、96とも128とも予想されている(“Skylake-SP”はPCI-Expressレーン数は48本だが、別に16レーン分がOmni-Path等のために確保されているとServer The Homeにある。一方、AnandTechは48×2の96レーンとみている)。

メモリコントローラやI/Oの変更が生じるため、必然的にSocketも変更となるようで、“Cascade Lake-AP”は“Skylake-SP”で用いられていたLGA3647では対応できない。LGA4367やLGA5903といったものが出てきているが、今のところ詳細は不明の模様(以前はBGAとする情報もあった)。Socket数は2までを想定している模様である。2 socket構成とした場合、48-core×2で96-coreのシステムができあがることになる。

一方、Xeon E 2100 seriesはエントリーサーバー向けで、従来のXeon E3-1200 seriesの後継と位置づけあられるであろう製品で、LGA1151に対応する。コアとしては“Coffee Lake”が用いられている。ラインナップは以下の通りである。ラインナップは以下の通り。

Xeon E 2100 series(Coffee Lake / 14nm++ / LGA1151)
コア数
スレッド数
キャッシュiGPUTDP
周波数メモリEU数GPU周波数
Xeon E
2186G
6-core
12-thread
L2=256KB×6
L3=12MB
UHD Graphics 63095W
3.80GHz
TB 4.70GHz
2ch DDR4-266624Max 1200MHz'18/11/5
$450
Xeon E
2176G
6-core
12-thread
L2=256KB×6
L3=12MB
UHD Graphics 63080W
3.70GHz
TB 4.70GHz
2ch DDR4-266624Max 1200MHz'18/11/5
$362
Xeon E
2174G
4-core
8-thread
L2=256KB×4
L3=8MB
UHD Graphics 63071W
3.80GHz
TB 4.70GHz
2ch DDR4-266624Max 1200MHz'18/11/5
$328
Xeon E
2146G
6-core
12-thread
L2=256KB×6
L3=12MB
UHD Graphics 63080W
3.50GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-266624Max 1150MHz'18/11/5
$311
Xeon E
2144G
4-core
8-thread
L2=256KB×4
L3=8MB
UHD Graphics 63071W
3.60GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-266624Max 1150MHz'18/11/5
$272
Xeon E
2136
6-core
12-thread
L2=256KB×6
L3=12MB
N/A80W
3.30GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-2666'18/11/5
$284
Xeon E
2134
4-core
8-thread
L2=256KB×4
L3=8MB
N/A71W
3.50GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-2666'18/11/5
$250
Xeon E
2126G
6-core
6-thread
L2=256KB×6
L3=12MB
UHD Graphics 63080W
3.30GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-266624Max 1150MHz'18/11/5
$255
Xeon E
2124G
4-core
4-thread
L2=256KB×4
L3=8MB
UHD Graphics 63071W
3.40GHz
TB 4.50GHz
2ch DDR4-266624Max 1150MHz'18/11/5
$213
Xeon E
2124
4-core
4-thread
L2=256KB×4
L3=8MB
N/A71W
3.30GHz
TB 4.30GHz
2ch DDR4-2666'18/11/5
$193


・・・すでに発表されていたような? と思ったら7月にラインナップも含めて発表はされていた模様である。今回改めて発表された(?)のは「解禁された」ということだろうか。

(過去の関連エントリー)
“Coffee Lake-S”を使用したXeon E 2100 seriesが正式発表される(2018年7月15日)



コメント
この記事へのコメント
161748 
ところどころsが抜けている・・・
2018/11/06(Tue) 07:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161750 
記事のタイトルがCascadeじゃなくてCacadeになってますよ(五日ぶり二度目)
2018/11/06(Tue) 20:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9575-d89f2dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック