北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
14nm 6th Time Over: Intel Readies 10-core "Comet Lake" Die to Preempt "Zen 2" AM4(techPowerUp!)
Intel Beefy And Powerful Comet Lake-S Desktop CPUs Rumored To Pack Up To 10 Cores(HotHardware)
Intel Allegedly Readying 10 Core, Comet Lake-S Processors – Based on 14nm Process Node, Dual-Ring Bus Rumored(WCCF Tech)

新しいリーク情報によると、Intelの次のデスクトップCPUは“Comet Lake-S”と呼ばれ、最上位に10-coreのSKUが予定されているという。

この話の元となっているのは台湾のForumらしく、パートナーミーティングで出てきたものらしい。

“Comet Lake-S”はLGA115xを用いるメインストリーム向けデスクトップ用CPUである。そして“Comet Lake-S”は14nmプロセスで製造される10-core CPUとなる。そして第10世代Core processorとなるだろう。キャッシュ構成が“Skylake”と同様であるならば、L2=256KB×10/L3=20MBとなるだろうか。
 
“Comet Lake”の名前自体は今回全く新しく出てきたものではなく、今年の前半に“Whiskey Lake-U”や“Amber Lake-Y”の姿が見え始めてきた時に、彗星のごとく現れたコードネームである。割と何の予兆もなく飛び出したコードネームだった上、その名前以外には14nmらしい?という程度しか情報がなかったため、記憶の彼方に飛ばしてしまった人も多いのではなかろうかと思われる。

その後、“Whiskey Lake-U”や“Amber Lake-Y”は今年後半になり第8世代Core processorのそれぞれU sereisとY seriesとして登場したが、“Comet Lake”については語られることは全くなかった。

そのまま彗星のごとく飛び去ったのかと思っていたら今度は最大10-coreであるという驚きの情報をひっさげて“Comet Lake”は再び姿を現した。とはいっても、現時点ではまだ噂話に過ぎない段階で、14nmプロセスで製造され、さらにデスクトップ向けのLGA115xモデルの最上位が10-coreであること以上の話は出ていない。リングバスが2系統になるという話も出ているようだが、まだはっきりしない(実現すれば、コア間のレイテンシ削減に寄与するだろう)。

まだ本当に出てくるかわからない10-coreの14nm CPU―“Comet Lake-S”であるが、リングバスが2系統になるという話もあるあたり、“Coffee Lake-S”→“Coffee Lake-S Refresh”よりも手が入ったCPUになるかもしれない。

なお、“Comet Lake-S”は(実際投入されれば)第10世代Core processorとなるようである。だが流石にCore i7 10700だのCore i3 10-300Rだのとなるのは想像し難く、実際の製品の命名体系もどう変わるのかが注目される。


コメント
この記事へのコメント
161973 
とうとうリングバスの限界まで来てしまった。

これ以上コアを増やすには新しいインターコネクトが必要になるけど
メッシュは爆熱だし新しいものを用意できるのかねえ。

アーキテクチャごと刷新しないと。
2018/11/26(Mon) 23:48 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
161981 
熟れてるから14nmでも歩留まり悪くは無いんだろうけど、流石に大丈夫か?
2018/11/27(Tue) 04:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161986 
10Cとか中途半端なのを出されるとRyzenは競合製品を出しにくいかもね。
8Cでは心許ないし2-CCXではコスト高だしiGPUは載せられない。
2018/11/27(Tue) 08:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161991 
10nmは? 消費電力食いすぎ
2018/11/27(Tue) 11:29 | URL | tt #-[ 編集]
161995 
はんだの質上げれば10コアでも冷却は大丈夫だろう
2018/11/27(Tue) 13:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
161999 
もういい加減14nmでCPU開発するのやめろ!
2018/11/27(Tue) 22:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162006 
core i9 10999K Burning Edition
TDP500W 定格7GHz LN2冷却必須
せっかく現行Ryzenを超えた10コアを出すんだ、これくらいインパクトがないとな
2018/11/28(Wed) 15:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162027 
8コアと噂のIcelakeはどうなるのかな?
10nm見直しと一緒に最大10コアで再設計?
2018/11/29(Thu) 12:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162029 
Dual Channel だと、用途を選びそうな気がするが。
2018/11/29(Thu) 22:12 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
162039 
プロセスではリードを許したが現行14nmが置き去りにされたってほどでもない。
プロセス改良も続くことだし、まぁボチボチな代物に仕上がると予想。
つーかこれでボコボコならアーキテクチャの出来が勝負になってない。
2018/11/30(Fri) 12:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162046 
>162006
文字通り炎上しそうだなw
物理もユーザーも
2018/11/30(Fri) 20:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162048 
彗星の如くあらわれたって
Comet=彗星って掛けたのかな?
上手いと思います。
2018/11/30(Fri) 22:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162050 
間に10コア挟むならicelakeは12コア以上確定だな。
2018/12/01(Sat) 02:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162052 
10nmの開発が順調って話はどうなったのさ?
2018/12/01(Sat) 06:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9596-a45bf3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック