北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD at CES 2019: Ryzen Mobile 3000-Series Launched, 2nd Gen Mobile at 15W and 35W, and Chromebooks(AnandTech)
AMD Kicks-Off 2019 Offering Complete Mobile Portfolio with Ryzen, Athlon, and A-Series Processors for Notebooks and Chromebooks(techPowerUp!)
AMD announces its second-generation Ryzen Mobile processors(The Tech Report)
AMD Announces 2nd Gen AMD Ryzen 3000 Series Mobile Processors(Guru3D)
AMD announces its 2019 Ryzen Mobile Processors(HEXUS)

AMDは1月7日、2019年のそして第2世代となるRyzen Mobile seriesことRyzen 3000 series Mobile ProcessorとAthlon 300 series Mobile processorを発表した。

「第2世代」であるのに3000番台を名乗っているため、多少ややこしいが一昨年から昨年にかけて展開された“Raven Ridge”(=第1世代で2000番台を名乗る)の後継となるAPUである。プレスリリースには明言はされていないようだが“Picasso”と呼ばれていたコアがこれであろう。

主な特徴の1つとして12nmプロセスの採用が挙げられており、性能と電力効率の向上が図られている。そしておそらくはCPUコアも12nm世代で用いられている“Zen+”に更新されていると推測される。

ラインナップは以下の通り。
 
Ryzen mobile 3000 series APU(Picasso / 12nm)
コア数定格周波数
Boost時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
Ryzen 7
3750H
4-core
8-thread
2.30GHz
Boost 4.00GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
35W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 10 graphics
640spMax 1400MHz
Ryzen 7
3700U
4-core
8-thread
2.30GHz
Boost 4.00GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 10 graphics
640spMax 1400MHz
Ryzen 5
3550H
4-core
8-thread
2.10GHz
Boost 3.70GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
35W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 8 graphics
512spMax 1200MHz
Ryzen 5
3500U
4-core
8-thread
2.10GHz
Boost 3.70GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 8 graphics
512spMax 1200MHz
Ryzen 3
3300U
4-core
4-thread
2.10GHz
Boost 3.50GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 6 graphics
384spMax 1200MHz


Ryzen mobile 3000 / Athlon mobile 300 series APU(Raven Ridge / 14nm)
コア数定格周波数
Boost時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
Ryzen 3
3200U
2-core
4-thread
2.60GHz
Boost 3.50GHz
L2=512kB x2
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 3 graphics
192spMax 1200MHz
Athlon
300U
2-core
4-thread
2.40GHz
Boost 3.30GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 3 graphics
192spMax 1000MHz


(参考:Ryzen mobile 2000 series APU)
Ryzen mobile 2000 series APU(Raven Ridge / 14nm)
コア数定格周波数
Boost時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
Ryzen 7
2800H
4-core
8-thread
3.30GHz
Boost 3.80GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
45W2ch DDR4
-3200
'18/9/19
Vega 11 graphics
704spMax 1300MHz
Ryzen 5
2600H
4-core
8-thread
3.20GHz
Boost 3.60GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
45W2ch DDR4
-3200
'18/9/19
Vega 8 graphics
512spMax 1100MHz
Ryzen 7
2700U
4-core
8-thread
2.20GHz
Boost 3.80GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'17/10/26
Vega 10 graphics
640spMax 1300MHz
Ryzen 5
2500U
4-core
8-thread
2.00GHz
Boost 3.60GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'17/10/26
Vega 8 graphics
512spMax 1100MHz
Ryzen 3
2300U
4-core
4-thread
2.00GHz
Boost 3.40GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-****
'18/2/12
Vega 6 graphics
384spMax 1100MHz
Ryzen 3
2200U
2-core
4-thread
2.50GHz
Boost 3.40GHz
L2=512kB x2
L3=4MB
15W2ch DDR4
-****
'18/2/12
Vega 3 graphics
192spMax 1000MHz


今回の3000番台と前世代の2000番台の同じSKUのU series同士を比較すると、CPU・GPUともに若干の周波数の向上が成し遂げられていることがわかる。

興味深いのはRyzen 7 3700Uと3750H、あるいはRyzen 5 3500Uと3550Hと表面上は同じスペックで、TDPのみ異なるモデルがあることである。U seriesは従来通りTDP15Wであるが、H seriesはTDP35Wと若干高めにTDPが設定されている。AnandTechによると、H seriesの方がTurboによる周波数向上がより高く維持されるあるいはより長く維持されるのではないかと推測されている(具体的なTurboの動作までは明らかにされていない)。

今後の予定であるが、第1四半期より搭載ノートPCが流通すると見込まれており、採用するメーカーとしてAcer, ASUS, Dell, HP, Lenovo, Huawei等の名が挙がっている。

7th Gen. A series APU(Excavator / 28nm)
コア数定格周波数
Boost時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
A6-
9220C
2-core
2-thread
1.80GHz
Boost 2.70GHz
L2=1MB6WDDR4'19/1/7
Radeon R5
192spMax 720MHz
A4-
9120C
2-core
2-thread
1.60GHz
Boost 2.40GHz
L2=1MB6WDDR4'19/1/7
Radeon R5
192spMax 600MHz


さらに、Chromebook用として第7世代A series APUが2種類投入されている。こちらは28nmの“Excavator”系列のコアで、GPUも“Tonga”世代のものとなる。“Picasso”ことRyzen mobile 3000 series APUと比較すると旧式であるが、TDPは6Wと低く抑えられている(“Excavator”系のAPUというと4-core/2-module CPU+8 CU GPUの“Bristol Ridge”を想起する方もいるかもしれないが、これらに使われているのはより小型で2-core/1-module CPU + 3 CU GPUの “Stoney Ridge”と呼ばれるコアとなるだろう)。



コメント
この記事へのコメント
162451 
web公式だと
Ryzen 3 2200UとAthlon 300Uが
ともに12nmになってるんだよなー

12nm/14nm実際はどっちなんだろ
2019/01/07(Mon) 21:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162452 
HとUがTDPが違うのにクロック同じなのかずっと疑問に思ってた
ターボの挙動の違いとするとHはやっぱりゲーミング向きなのかな
2019/01/07(Mon) 21:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162453 
Ryzen 7 2800Hの製品ってあったっけ?
2019/01/07(Mon) 21:16 | URL | LGA774 #HfMzn2gY[ 編集]
162454 
ああ…次はデスクトップ版だ
2019/01/07(Mon) 21:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162455 
第一世代から、いや昔からわかっていたけれど
この命名規則のとっ散らかる様が流石はAMDって感じでなんとも
2019/01/07(Mon) 21:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162456 
※162452
TDPが違うので、より長い間高クロックを維持できる製品だと思いますが
たぶんCPUの品としてはどっちらもほぼ同じで、最終製品側の仕様によって
売る側が「ゲーミングPC」などと付加価値をつけられる程度では無いかと…
2019/01/07(Mon) 21:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162461 
さて製品が出るのはいつになることやら
2019/01/07(Mon) 23:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162462 
H付きでクロック変わらない2製品は
暗にIntelのTDPを皮肉るために出したんじゃね?
2019/01/07(Mon) 23:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162463 
ワッパはかなり改善されてるみたいだな
HP ENVY13 x360を既に持ってるのが口惜しい
2019/01/08(Tue) 00:16 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
162464 
バッテリー持ちが30パーセント以上改善されたらしい。
これでintelのCPUとやっと互角程度なので今まで
どれだけ無駄に電気喰って居たんだろうという気分になる…
2019/01/08(Tue) 00:46 | URL | LGA774 #ySCAGiD.[ 編集]
162469 
Desll
えっと、Dellのことかな?
2019/01/08(Tue) 02:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162472 
162453
俺が確認している限りではないみたいです。
タイミングがなかったってやつでしょう。
2019/01/08(Tue) 02:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162475 
12nmプロセスはGPUで使ってるのと変わらずライブラリのシュリンクは無しなんだろうか
2019/01/08(Tue) 05:47 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
162476 
省電力性は演算性能で競合できないと手を付けにくい分野だからね
仕方ないね
2019/01/08(Tue) 07:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162481 
一般人には世代は関係ないからOK
2019/01/08(Tue) 15:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162513 
現行世代はTDP15Wといいつつ、20W突っ込まないとベンチマーク通りの性能が出ないからな。
2019/01/09(Wed) 10:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162516 
熱設計は動作周波数にほぼ比例することもしらないやつって多いな
2019/01/09(Wed) 12:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
162523 
うーん、やっぱり12nmはスキップして同じタイミングで7nm出して欲しいなあ
2019/01/09(Wed) 20:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9632-be97c037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック