北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel's Coffee Lake Refresh lineup (Fanlesstech)

Fujitsuが“Coffee Lake Refresh”のラインナップを明らかにした。その中には期待されているTDP35WのCore i9 9900Tやi7 9700T、i5 9600T, i5 9500T, i5 ,9400T, i3 9300T, i3 9100Tの記載もあった。

ラインナップは実際の画像を見ていただいた方が早いだろう。
 
Core i 9000 series (2019年3月6日)

iGPUなしの“F”とCore i9の存在を除けば8000番台のラインナップ構成をほぼ踏襲しており、Core i9についてもCore i7のラインナップがさらに上に拡張されたものと考えれば、この通り展開されれば第9世代も従来と同様の製品構成に落ち着くことになる。

具体的にはTDP95Wの“K”、TDP65Wの“無印”、TDP35Wの“T”がデスクトップ向けではラインナップされる。Core i9であればTDP95WのCore i9 9900K、TDP65WのCore i9 9900、TDP35WのCore i9 9900Tがラインナップされる。Core i7であればTDP95WのCore i7 9700K、TDP65WのCore i7 9700、TDP35WのCore i7 9700Tの構成となる。通常、ブランド名とナンバーが同じであれば周波数とTDP以外のスペックは“K”、“無印”、“T”は共通であるため、Core i9 9900K/ i9 9900 / i9 9900Tは8-core/16-thread、Core i7 9700K / i7 9700 / i7 9700Tは8-core/8-threadとなるはずである。

またCore i seriesだけでなく、Xeon E-2200 seriesについても記載されており、8-coreでTDP95WのXeon E-2288G、同じく8-coreであるがTDP80WのXeon E-2278Gの記述がある。下位モデルとして4-coreや6-coreの製品も言及されているが、ナンバーは22xxG/22xx (iGPUなし) と下二桁は伏せられている。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
163308 
intelのCPU生産不足でDRAM過剰生産価格下落。
あまり実感はないけど。
第9世代CPUも実感がありませんね。
2019/03/11(Mon) 20:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9709-2d497778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック