北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA could tease its next-gen Ampere GPU on 7nm at GTC 19(TweakTown)

NVIDIAは来週、カリフォルニアでGPU Technology Conference (GTC) を開催する。
ところで、今回のGTCでは何が明らかにされるのだろうか? High Performance Compute (HPC) 向けの“Volta”は取り上げるには古く、“Turing”もQuadro RTX, GeForce RTXあるいはGeForce GTXにしろより下位の製品しか未発表のものは残っていない。


“Turing”の後に来る次世代GPUアーキテクチャは“Ampere”と予想される。現行の“Turing”が12nmプロセスで製造されているのに対し、“Ampere”は7nmプロセスで製造されると予想される。
 
“Ampere”はゲーミングというよりは“Volta”の直系となるHigh Performance Compute / Deep Learning / AI向けの製品になるだろうと予想される。一方で“Turing”で採用されたGDDR6メモリは“Ampere”でも使用され、また“Turing”で得たノウハウを取り入れて改良された7nmプロセスGPUとなる見込みだ。

GTC 2019の日程は3月17日から21日である。そのGTC 2019で次世代GPUアーキテクチャとなる“Ampere”が明らかにされるのではないかというのが今回の話題である。
どこまで明らかにされるのか―次世代GPUアーキテクチャが“Ampere”ということのみか、あるいは時期的な情報やアーキテクチャの概要まで明らかにされるのか、はたまたTesla A100(仮)のように具体的な製品の予告までされるのかはわからない。

“Ampere”の名前はかつて“Pascal”の次として名前が出たことのあるものである。実際は12nmの“Turing”が“Pascal”の後継となったが、“Turing”の具体像が明らかになるまでは“Ampere”の名前もしばしば“Pascal”の次世代GPUとして噂され、GA102, GA104等という個々のGPUのコードネームらしきものも語られた(これはさすがに前例に従って予想しただけのものと思われるが)。

“Pascal”の次としての“Ampere”は噂で終わったが、今回7nm GPUの名として再び“Ampere”が登場した。真偽はまだ不明だが、時期が迫ったGTC 2019で何が語られるか楽しみである。


コメント
この記事へのコメント
163343 
>著家英

直系かな?
2019/03/13(Wed) 22:01 | URL | LGA774 #KfkS430g[ 編集]
163344 
著家英
[1702 - 没年不明]
ボルトより先に電池を発明し、アンペールより先に磁場の法則を見抜いていたとされる謎の中国人。
妻が大事な書き付けをゴミと判断し、焚き付けに使った為その偉業が公式に発表される事は無かった。
2019/03/13(Wed) 22:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163345 
GTX2019…
なんか弱そう(ナンバリング的に)
2019/03/13(Wed) 22:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163347 
GTX 2019じゃなくてGTC 2019だよね
2019/03/13(Wed) 23:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163349 
上位モデルの演算性能上げなくてもいいからコストダウンと低消費電力化だけやってほしいなー
2019/03/13(Wed) 23:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163355 
タイトルのGTXはGTC?
あとカテゴリがIntel(CPU他全般)になってます!
2019/03/14(Thu) 12:26 | URL | おろろ #-[ 編集]
163375 
>163349
Naviがとんでもなく高性能でもない限りは消費電力はともかく値段は高止まりでしょう
そして今の所Ampereで余裕で抑えられそうな性能のようだし
2019/03/16(Sat) 12:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9717-f18d6664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック