北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Several Gen11 GPU Variants Referenced in Latest Intel Drivers(techPowerUp!)
Intel Inadvertently Leaks Gen11 Graphics Lineup(Tom's Hardware)

Intelの最新のグラフィックドライバで、新たにIntel Graphics Command Centerがもたらされたが、それだけでなく“Ice Lake”とともに登場予定のGen 11 Graphicsに関する記載も見つかった。
記載があったのはドライバパッケージないのINFファイルである。リストには11種類のGen 11 graphicsのラインナップと、2種類の無効化版が記載されていた。


そのリストの内容が以下である。
 
; ICL HW
iICL11LPGT2Y64 ="Intel(R) Iris(R) Plus Graphics 930"
iICL11LPGT2U64 ="Intel(R) Iris(R) Plus Graphics 940"
iICL11LPGT2U48 ="Intel(R) Iris(R) Plus Graphics 940"
iICL11LPGT2U32 ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT2U48LM ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT2U32LM ="Intel(R) UHD Graphics 920"
iICL11LPGT2Y48 ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT2Y32 ="Intel(R) Iris(R) Plus Graphics 930"
iICL11LPGT2Y48LM ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT2Y32LM ="Intel(R) UHD Graphics 910"
iICL11LPGT0 ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT0P5 ="Intel(R) UHD Graphics, Gen11 LP"
iICL11LPGT2U6425W ="Intel(R) Iris(R) Plus Graphics 950"

“ICL”が“Ice Lake”を表す略語として使われている。そして“11LPGT2”がこの世代のiGPUを示していると見なせる。“11LPGT0”はiGPU無効化版であろう。“11LPGT2”に続くアルファベットは“U”ないしは“Y”で、“Ice Lake-U”のものか“Ice Lake-Y”であるかを示していると推測される。そして続く2桁の数字―32, 48, 64のいずれかとなるが、これがExecution Unit数を表していると考えられる。

さらに別のコアのiGPUに関する記載も見られる。

; LKF HW
iLKFGT2 ="Intel(R) UHD graphics, LKF"
iLKFGT1P5 ="Intel(R) UHD graphics, LKF"
iLKFGT1 ="Intel(R) UHD graphics, LKF"
iLKFGT0 ="Intel(R) UHD graphics, LKF"

こちらはFoveros 3Dパッケージを使用したSoC―“Lakefield”のものである。略語は“LKF”となるようだ。iGPU無効のGT0を含めて4種類が記載されている。このドライバの記載には直接的な記述はないものの、“Lakefield”のiGPUもGen 11 Graphicsになることが、Architecture Day等で明らかにされている。

現行製品については“Whisky Lake”(略語:WHL)のUHD Graphics 620, 610や“Gemini Lake”(略語:GLK)のUHD Graphics 605, 600等が見られる。

そしてさらに“CML”の略語で表記されているものがある。“Comet Lake”である。“Comet Lake”の項目には“Ice Lake”では見られなかった“iCMLDTGT...”(=デスクトップ向けの“-S”)や“iCMLHALOGT...”(=高性能Mobile向けの“-H”)がある。状況証拠でしかないが、“Ice Lake”は“-U”の一部と“-Y”のみ、同時期の“-S”と“-H”は“Comet Lake”が担うという話がもっともらしく聞こえてくる(“Comet Lake”にも“-U”の記載があるので、“-U”は高性能iGPU搭載モデルとして“Ice Lake-U”を投入し、それ以外は“Comet Lake-U”が担うのかもしれない)。あくまでも状況証拠なので、“Ice lake-U/-Y”から遅れて“Ice Lake-S”や“Ice Lake-H”が出ないと決まったわけではない・・・多分。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
163430 
やっぱりExecution Unitが64なのはIrisだけなのか…

これじゃあノートパソコンに一番多く搭載されるUHDの性能は微増するだけになりそう。
2019/03/24(Sun) 05:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163435 
今までGT3以上が主力だったIrisもGT2になるって事は、1スライスのままサブスライスを調節する方式?
となるともしGT3が出るとしてもIrisの中でも最上位クラス(今までのGT4相当)だけ?
2019/03/25(Mon) 12:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9728-f8b3e9ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック