北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Socket AM4 motherboard BIOS update - ready for Ryzen 3000 CPUs - Series 500 Chipset(Guru3D)
AMD Ryzen 3000 "Zen 2" BIOS Analysis Reveals New Options for Overclocking & Tweaking(techPowerUp!)

Ryzen 3000 seriesに対応するためのBIOSの準備が始まっており、ASUS, Biostar, MSIがAGESA version 0.0.7.0をリリースし、Ryzen 3000 series―“Matisse”のサポートのためのマイクロコードアップデートが行われた。

このアップデートはX470及びB450―つまり400 seriesチップセット搭載マザーが優先されているが、一部のX370マザーボードにも対応するアップデートが行われている。
 
“Zen 2”世代ではCPUコアのダイとメモリコントローラやそのほかのI/Oを司るダイが別となる。両者はInfinity Fabricで接続される。このMCM構成に対応するための設定やオプションが新たに配布されたAGESA version 0.0.7.0で追加されていると指摘がある。

1つめがUCLKと呼ばれるオプションである。“Zen/Zen+”のInfinity Fabricはメモリの周波数と同期しており、“Zen 2”も同様であろうと推測されるが、メモリのオーバークロックという面ではInfinity Fabricがメモリ周波数と同期してしまうのは不利となる。ここで追加されたのがUCLK optionで“Auto, UCLK==MEMCLK, UCLK==MEMCLK/2”の3つの設定が可能となっている。

Precision Boost Overdrive周りも大幅に手が入り、Boostの設定がより柔軟となり、またアルゴリズムも強化された模様だが、初期にAGESA 0.0.7.0をAMD 400 seriesの組み合わせたものは、バグが多いようで、現行の“Pinnacle Ridge”と新しいPrecision Boost Overdriveのアルゴリズムの組み合わせは未熟なようである。

またI/Oコントローラ周りの設定でPCI-Expressレーンの世代を“Gen 4.0”まで選べるようになっているという。既存の400 seriesマザーボードでPCI-Express 4.-0に対応できるのならばアップグレードを考えているユーザーには朗報であるが、techPowerUp!が詳しい筋から聞いた情報として、AMDのPCI-Express 4.0の実装には、マザーボード上に別途redriver deviceが必要で、そのデバイスの価格は無視できるほどのものではない。例えばTexas InstrumentsはGen 3.0のredriverを$1.5で販売している(1000個ユニット取引時の1個の価格)。20レーン分のredriverを用意するとなると$15~20程度のコスト上昇を見なくてはならない。

・・・どこかの変なメーカーが「実は対応できるよう仕込んでおいた」とかやっている可能性はなくはないだろうが、基本的には新マザーが必要と思っておいた方良さそうだ。

ただ、裏を返せばPCI-Express 4.0の対応の可否はX570チップセットを搭載しているか否かではないことになるので、コストと手間さえ許せばプレミアをつけつつ"Ryzen 3000 series, PCI-Express 4.0 Ready!!"とうたったX470ないしはB450マザーを今からフライング気味に出すことは可能なのだろう。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
163453 
Gen4対応てよく話題になるけどほとんどのX3/470マザーが
Gen3にしか対応しないASM1480等のレーン分割スイッチを通っちゃうから望み薄だと思う。

可能そうなのはTRとB3/450。
コスト的にBシリーズでわざわざ認証通さないだろうし
現実的にはスリッパのみだと予想。
2019/03/27(Wed) 00:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163455 
とりあえず既存AM4チップセットな板でzen2が動くようにはしてもらいたいところ
2019/03/27(Wed) 09:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163458 
UCLK==MEMCLK(1:1)と 、UCLK==MEMCLK/2(2:1)が出来るようになったのは大きいですね。
今でもメモリ配線がフライバイのPRIME X470-Pro等のマザーであればDDR4-3800ぐらいまで回るものの、
どうしてもCPU側のInfinity Fabricが追従出来なくなるのでDDR4-4000はBIOS起動ぐらいが限界でした。
これが解消されるとなるとDDR4-4500辺りでも安定して使えるようになるかもしれませんね。

それとDDR4の両面32GBモジュールがもうすぐ発売されるようなので、
これなら片面16GBx2で容量もそこそこでぶん回せるしメモリは安いしでほんと時期が良いですね。
2019/03/27(Wed) 15:18 | URL | LGA774 #ttJ3UpDM[ 編集]
163463 
B350未対応ならもう一台追加するいい口実になる
VDIサーバーを4770KからRyzen 1600に更新できる
2019/03/28(Thu) 12:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163469 
マザボメーカーに「こんなこともあろうかと」な企業がいるのは自作PC界にとって大きなメリット
2019/03/29(Fri) 15:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163478 
BTOパソコンのAMDて未だにB350なんだけどZen2無理?
2019/03/30(Sat) 11:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
163493 
5月か6月には3000 series出そうな感じですね。
3月からスリッパ用のケース買ってしまった。
2019/03/31(Sun) 22:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9733-6c78dd80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック