北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Comet Lake-S: 10 cores with 125 watts in base LGA1200 early 2020(ComputerBase.de)
Anonymous reader letter: Comet Lake is not a 1159 pin! There are more(XFastest)

先日、Intelの次世代Processorである“Comet Lake-S”の噂がインターネット上に出回ったが、その後XFastestが匿名の筋から得た情報によると、先日の情報の信憑性は半分程度であるという。新たに得た情報によると、“Comet Lake-S”は最大10-core/20-threadとなるが、SocketはLGA1159ではなくLGA1200になるという。

今回の匿名の情報も情報元は示されていないが、画像はIntel公式が使用するデータファイルのそれによく似ている。
“Comet Lake-S”の概要であるが、最大10-core/20-thread、新たな機能としてWi-Fi 802.11ax, Intel RST 17等が挙げられている。SocketはLGA1200、対応するチップセットはIntel 400 series、そして対応するTDPの最大値は125Wとなる。
 
Comet Lake-S (2019年7月12日)

ちょうど“Intel(R) Core(TM) (Comet Lake-S) Platform Overview”というスライドが投稿されているのでこれを読み解いていこう。

まずProcessorの仕様であるが、最大10-core/20-threadとなるのは既報通りである。変更点は2点で、SocketがLGA1200になること、TDPがEnthusiast 125W, Corporate/Mainstream 65W, Low Power 35Wの3区分に分けられることである。65Wと35WのSKUは従来通り存置される模様だが、今までEnthusiastに相当する区分のSKUはTDP95Wであり、これが引き上げられることになる。また先日のリーク情報にあったCore i9 10900KFの105Wでもない。

対応メモリは左側の一覧表には記載がないが、右側のブロック図を見ると2ch DDR4-2666とある。この通りならばDDR4-3200への対応は見送られたということになるのだろうか。
I/Oであるが、引き続きPCI-Express 3.0となるようで、CPU側から16レーン、チップセットから最大24レーンがでる。チップセット側のI/Oは40の高速I/Oを備え、PCI-Express 3.0に最大24本、USB 3.1に最大10ポート(うち10Gbpsは6ポートまで)、SATA 6.0Gbpsに最大6ポートを割り振ることができるようである。

対応チップセットはIntel 400 seriesで、Z490, Q490, H470, HM470, QM470, B460, H410, C256, CM256等の名前が挙がっている。

LGA1159になるかLGA1200になるかはわからないが、“Comet Lake-S”のタイミングで新Socketと新チップセットが来るという見方が今のところの大勢となる。しかし、ComputerBase.deが推測するSocket変更の理由が、TDP125Wに対応させる―つまりは電力供給周りの理由である。Socket変更の際に期待される新I/O―現在で言えばPCI-Express 4.0への対応は今まで出た情報では見られない。また“Comet Lake-S”そのものも10-core/20-threadになるとはいえ、“Skylake”→“Kaby Lake”→“Coffee Lake/Coffee Lake Refresh”の延長線上にある14nm+++ processorで、決して“Sunny Cove”を14nm+++で製造したものではなさそうである。

Socketが変わるならば新I/O等、もう一押し欲しいところである。さらにうがった見方をしてしまうと、“Comet Lake-S”の次の世代(“Rocket Lake”?)でPCI-Express 4.0が来てしまい、そのタイミングで再度Socket変更がかかるというシナリオが想像できてしまい、ますます悩ましいものになってしまう。

現行のLGA1151 v2のまま、TDP95Wまでは既存マザーで対応可、TDP125Wモデルは新チップセットマザーで対応する、としてくれれば現行世代CPUのアップグレードパスとして生かせそうであるが、この対応はサポート面では割と面倒なのかもしれない(行儀の悪いメーカーが、安マザーでTDP125W CPUに対応させてしまい。結果発火したとかいう自体は往々にしてありそうだ)。

○まとめ
  ・Comet Lake-Sは14nm(14nm+++?)製造で最大10-core/20-thread
  ・Socketは現行のLGA1151 v2から変更され、LGA1200になる
  ・TDPは35W, 65W, 125W。おそらくK seriesが125Wになると思われる
  ・PCI-Expressの世代はGen 3.0のまま。CPUから出るレーン数も16本
  ・チップセットはIntel 400 series
  ・登場予定時期は2020年第1四半期

(過去の関連エントリー)
デスクトップ向けとなる“Comet Lake-S”のラインナップ(2019年7月10日)



コメント
この記事へのコメント
165141 
アーキテクチャも製造プロセスも変更なしで、ただコア数増やしただけ?さすがにこれじゃ勝ち目無い...
PentiumDとまでは言わないまでも、対抗馬無いこの状況のまま暗黒時代が数年続くとなると厳しいなー
またCore2みたいな救世主が颯爽と登場するのかしら?
2019/07/12(Fri) 04:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165143 
ワッパ向上出来ずに電力ぶち込んで振り回すだけになりそう。
2019/07/12(Fri) 06:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165145 
windows7のサポート終了による買い替え期間に間に合わないね。
法人としては既存の脆弱性対策が完璧なPCを5年のリースとかで買い替えたいはずなのにね。
2019/07/12(Fri) 08:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165150 
こんなIntel見たのってPentiumD以来では?
メーカー名や製品名を伏せたら完全にかつてのAMDの記事としか思えない…
2019/07/12(Fri) 12:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165157 
インテルはいっそPCに取り付けるヒートポンプ式冷却機の開発にでも投資してみたらどうかな
2019/07/12(Fri) 18:53 | URL | LGA774 #AIlHpmOk[ 編集]
165158 
真実なのかフェイクなのか
は判らないが

10-coreの部分は変わらない・・・
2019/07/12(Fri) 18:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165159 
Comet Lake-Sの販売は年末以降だろうから最初から信じてない
公式情報だったらむしろRyzen 3000 seiresが価格改定されるリスクさえあった

この世代がPCI-Express 4.0非対応であれば、マザーボードの電流耐性を更に上げた以外の機能が知りたい
Core i3で足りる人にとってはK seriesのせいでまたマザー買い替えと考えるのもあれだし、メンタルヘルス的な意味で他に理由があればいいね
それと来年投下されるかもしれないGeForce RTX 30 seriesで出されるであろうAmpere世代ではPCI-Express 4.0対応の予想がされるこの製品がリリースされても対応マザーが販売できない期間が長いほど先行対応してるAMDにIntelのシェアが損なわれ続けることになる
大事だから再度言うけど、ポートの規格は機材変更しづらい方が先行して対応しないでどうする?まして入出力の親機だからね?
自分はこの件で本当にAMDに乗り換える覚悟が決定的になった。目当てのCPUとマザーが購入できたらすぐにでもお別れになる。
2019/07/12(Fri) 19:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165161 
そもそも、CometLakeへの乗り換えがどれだけいるのか。
同じ14nmではKabyLakeやCoffeeLakeのままで十分と考える人も多いのでは?
マザーボードごと買い替えるともなれば、7nmのZen2を考える人も多くなるだろうし。
2019/07/12(Fri) 20:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165164 
どこのFXだろう(困惑)
2019/07/12(Fri) 22:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165171 
焼き鳥
断熱器具
などほかにもいろいろあるけど
最近のIntelCPUは何て名図ければいいのでしょう?
2019/07/13(Sat) 12:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165176 
BTXマザー復活の狼煙が?
2019/07/13(Sat) 23:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165177 
>>165171
溶岩湖とかコーヒー焙煎機とかかな?Cometは分らんかったから彗星で熱々を表現できる人教えて。
2019/07/14(Sun) 07:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165181 
少しはAMDを見習って数世代使えるチップセットにしたらいいのに
2019/07/14(Sun) 11:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165188 
zen2が高性能で市場が湧いてる今、
インテルも良いCPU出せば盛り上がるのに、
来年まで何もないどころか、
やっと出るComet LakeもCoffee Lakeの使いまわしって
どないしろっちゅうねん
2019/07/14(Sun) 22:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165196 
単純にComet Lake=困った湖(子)で
2019/07/15(Mon) 12:47 | URL | のび #-[ 編集]
165198 
>>165177
赤い彗星とか?
2019/07/15(Mon) 15:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165199 
熱い彗星w
2019/07/15(Mon) 16:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165203 
「通常の3倍のスピード(処理速度)」
なら大歓迎だが、
「(消費電力が)通常の3倍」だったら嫌すぎる。

>>赤い彗星
2019/07/15(Mon) 22:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165219 
通常の3倍の処理速度はまずあり得ないけど消費電力が通常の3倍ならば無理してクロック上げまくれば十分に実現可能だよ。

3倍の電気を喰ったからといって性能は1.5倍にもならないだろうけど。
2019/07/16(Tue) 20:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165235 
intelはまたPentium4と同じ爆熱道を歩むのだろうか?
2019/07/17(Wed) 08:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9863-862b0733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック