北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AIDA64 Indicates Threadripper 4000 Codenamed "Genesis"(Planet3DNow!)

AMDは新しいHEDT向けソリューションとして第3世代となるRyzen Threadripper 3000 seriesを今年投入し、最近の噂ではその時期は10月と言われている。しかし、AIDA64にはさらにその次のヒントが出てきていた。Planet3DでForumを確認したところ、“Vermeer”と“Genesis”というコードネームがプログラムコードの中にあった。そして“Vermeer”は既に“Zen 3”をベースとしたデスクトップ向けCPU―Ryzen 4000 seriesのものとして明らかになっているコードネームである。さらに、steppingの略記として“GN-A0”と“VMR-A0”があることも明らかになった。
 
Ryzen Threadripperにコードネームが与えられていることはついつい忘れがちであるが、初代のRyzen Threadripper 1000 seriesは“Whitehaven”と呼ばれていた。そして2000 seriesは“Colfax”、3000 serieseは“Castle Peak”と呼ばれている。2000 seriesの“Colfax”というのは聞いたことがなかったが、3000 seriesの“Castle Peak”は“Matisse”や“Picasso”程ではないものの、時折ロードマップにその名前を見せている。

最初の“Whitehaven”は例外として、“Calfax”、“Castle Peak”、“Genesis”はワシントン州にある山の頂の名前からつけられているのではないかという推測が成されている。“Calfax Peak”、“Castle Peak”、“Genesis Peak”はいずれもワシントン州の近い位置に存在している。なので、今回出てきた“Genesis”というコードネームはRyzen Threadripper 4000 seriesのコードネームではないか、と推測されている。

今のところ“Zen 3”に関する情報は少なく、製造プロセスが7nm+であること位しか知られていない。コア数については“Zen 2”世代から据え置きという見方が多いようであるが、一方でPerformance-per-wattの改善に重きを置いた世代であるという予想もされている(Performance-per-wattの改善は昨今のProcessorならば重要事項の1つなので、これだけではなんともぼんやりした話だが)。他にはPCI-Express 5.0のサポートが期待されるが、2020年だとまだ早いのではとも思える(DDR5対応に期待する向きもあるようだが、AMD自身が現行Socketで2020年まで行くといっている以上、DDR4/DDR5両対応にでもしない限り難しいだろう。また少し前の情報でも“Zen 3”世代のEPYC―“Milan”はDDR4止まりという言われている)。

Planet3Dの最後の方では、SMTが改良されて1-coreあたり4-thread駆動が可能になるというぶっ飛んだ話まで出てきているが・・・はてさて?

ZenRyzen
AM4 CPU
Ryzen
APU
Ryzen
Threadripper
EPYC
ZenSummit Ridge
(Ryzen 1000)
Raven Ridge
(Ryzen 2000G)
Whitehaven
(Ryzen TR 1900)
Naples
(EPYC 7001)
Zen+Pinnacle Ridge
(Ryzen 2000)
Picasso
(Ryzen 3000G)
Colfax
(Ryzen TR 2900)
Zen 2Matisse
(Ryzen 3000)
Renoir
(Ryzen 4000G)
Castle Peak
(Ryzen TR 3900?)
Rome
(EPY 7002)
Zen 3Vermeer
(Ryzen 4000)
???Genesis
(Ryzen TR 4900?)
Milan
(EPYC 7003?)


“Zen”アーキテクチャの各世代と各Processorのコードネームの関係をまとめてみた。ごちゃごちゃしがちなアーキテクチャとProcessorの関係が少しは整理できるだろうか?

(過去の関連エントリー)
“Zen 3”世代のEPYC―“Milan”はDDR5には対応しない(2019年6月30日)


コメント
この記事へのコメント
165319 
1c4tて....1t当たりの性能まずいことになるからさすがにやらんでしょ...
HPC向けのIBMのやつならまだしもさ...
2019/07/22(Mon) 23:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165322 
Zen2が長足の進歩を遂げただけに製造プロセスの改善に
とどまるZen3はクロックの若干向上と価格帯の値下げくらいじゃないかな。
2019/07/23(Tue) 00:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165323 
1コアあたり4スレッドは別に珍しいものでもないので驚きはしないです
2019/07/23(Tue) 01:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165325 
CICS系CPUならSMT4とかSMT8あるけど。
さてどうなるか。
斬新なアイデアでクリアしてくるかもしれないとか考えるとワクワクが止まらない。
2019/07/23(Tue) 02:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165326 
フェルメールのeが一個足りないよ
Vermeer
2019/07/23(Tue) 04:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165328 
AMDのCPU売り上げシェア68%とかRyzenが好調すぎ。
あまりピンとこないけどノート向けRaven Ridge、Picassoが売れまくってる?
2019/07/23(Tue) 06:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165329 
Zen1は正直誰にでも作れる、たいして効率の良くないCPUで、スリッパもダイを2つ繋げて大安売りしてるだけだったと思うけど、Zen2はマジで天才の仕事だと思う。

多分時限貸出式のキャッシュコヒーレンスプロトコルを使ってるんじゃないかと思うけど、IOダイを使ってレイテンシを下げるなんてことが可能だとは思わなかった。

この仕組だとかなりのところまでスケール出来るはず。32でも64でも最小の効率低下でいけると思う。

Zen3にはどんなアイデアを持ってるのか今から楽しみだ。
2019/07/23(Tue) 06:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165332 
SMT倍増の方がすごいけど、先に4ch DDR4をお願い
2019/07/23(Tue) 07:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165336 
ここに来てセガファンまで鷲掴みにするコードネームを持ってくるとは汚いなさすがAMDきたない
2019/07/23(Tue) 12:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165337 
セガに怒られそう
2019/07/23(Tue) 15:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165338 
>SMTが改良されて1-coreあたり4-thread駆動が可能に

急にフェイクっぽくなったんだがw

本当だったらまた変な未来予想の基に非対称のSMTとかやるんじゃないかと心配になる。堅実に行け、堅実に。
2019/07/23(Tue) 20:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165339 
後出しになりますけど、
APUの型番をずらしたのはやはり失敗だったよなぁ…
2019/07/23(Tue) 21:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165342 
APUは次の世代のCPUと同時期になるから、モデルナンバーを合わせるのはマーケティング上仕方ない
2019/07/24(Wed) 00:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165346 
zen+をxxx5みたいにしておけばもう少しスッキリしたナンバリングになったのかな
あと最後の表わかりやすいんですけど、同じのインテルでも作ってくれませんかね
2019/07/24(Wed) 02:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165348 
ここまでガンダムSEEDの話はなし。
2019/07/24(Wed) 05:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165353 
>165328

コンシューマー向けPCでRyzenがシェア68%ってのは PC Watch の誤報で、今は訂正されてるよ。
実際にはコンシューマー向けではなくてCPU単体売りでのシェア。
それでもRyzen登場前を考えるとすごいんだけど。
2019/07/24(Wed) 10:24 | URL | LGA774 #qsvP4ThM[ 編集]
165370 
>165346
コードネームが乱立しているからAMDのような見やすい表にはならないと思いますが
2019/07/25(Thu) 08:53 | URL | のび #-[ 編集]
Sandy以降を作ってみました。コメント欄にはテキストしか貼れないのでPDFへのリンクを貼ります。
https://1drv.ms/b/s!AvpH52QNzCasnjxASE20wgYHr8BR
2019/07/25(Thu) 14:27 | URL | のび #-[ 編集]
165400 
>165374
すばらしい。そしてKaby Lakeより下の段はやっぱり意味わからんw
2019/07/27(Sat) 08:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165408 
>165374
いいじゃないか。
こうして見るとLake系は長いというか多いね。ずっと14nm系のプロセスで乱立してる。

次のIce LakeはアーキテクチャがSkylakeからSunnyCoveに変わって大幅拡張してるけどなんでLake系から名前変えないんだろ。
2019/07/27(Sat) 19:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165418 
zen2くらい物理コアが増えるとSMT切った方が大抵の場合は速い
特にゲームではインテルが可哀想になるくらい伸びる
SMT増えて喜ぶのは主にAI方面だから将来的にやらない訳ではないだろうが…
現状そこまでリッチな演算回路積んでる訳じゃないから信憑性は薄いな
それに折角上げたシングル性能が下がってしまうとまた「ゲームではインテル最強」とか言われてしまうぞ
2019/07/28(Sun) 23:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
大幅に拡充し、Penryn世代~Alder Lake/Granite Rapids世代まで作ってみました。
https://1drv.ms/b/s!AvpH52QNzCasnmThWqPXtrSMviza
初版のように単純にプロセスルール別ではなく、大体の年代も入れたため、より実態に近いですがかえって分かりにくいかもしれません。
2019/08/01(Thu) 16:43 | URL | のび #-[ 編集]
165516 
論理コアが増えた方が良い用途にはそれに特化した物を出すという方針の方がいいんじゃないか。

折角シングル性能が上がって汎用性が増したのにまた論理性能だけやたら高くて実際の性能が全然でない路線に回帰は良い事だと思えない。
2019/08/02(Fri) 07:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165581 
Matisseに物理コアと同数の並列処理を投げると、
タスクマネージャのような時分解能の低い監視ソフトでも、
フルロードのままの論理コアとアイドルのままの論理コアが明確に判別できるという話がある。

Tejasの目指した非対称SMTがようやく擬似的に実現されつつあるのだとすれば、
「最大」4wayだろうとそれが効かないソフトの時は1wayで動く、
という方向へ行くのかもしれない。
2019/08/05(Mon) 02:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9874-ae5fe3eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック