北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
2020 Cooper Lake Socketed with 56 Cores and bfloat16(SeverTheHome)
Intel to Offer Socketed 56-core Cooper Lake Xeon Scalable in new Socket Compatible with Ice Lake(AnandTech)
Intel Xeon Cooper Lake To Offer Up To 56 Cores Per Socket Next Year(Phoronix)
Intel announces 56-core Copper Lake processor alongside new Ice Lake-compatible socket(OC3D)
Next-generation Intel Xeon Scalable Processors to Deliver Breakthrough Platform Performance with up to 56 Processor Cores(Intel)

Intelは2020年上半期に56-coreのCPUをより広く展開する。“Cooper Lake”は2020年にリリースされ、いくつかの新しい機能を搭載し、現行のXeon Platinum 9200 seriesよりも扱いやすいものとなる。
Intelの発表によると“Cooper Lake”は最大56-coreとなる。この56-coreという数字は現行のXeon Platinum 9200 seriesの最大コア数と同様の数字である。


以下がIntelのリリースである。
 
次世代Xeon Scalable Processor―“Cooper Lake”は、現行のXeon Platinum 8200 seriesからコア数が2倍となり最大56-coreとなる。そしてよ広いメモリ帯域を有し、高いAI推論・学習機能を搭載する。また、56-coreの“Cooper Lake”は現在のXeon Platinum 9200 seriesよりも低い電力帯で投入される。“Cooper Lake”はx86 processorに初めて高いAI学習機能を組み込んだprocessorとなり、bfloat16のサポートを“Intel Deep Learning Boost”に組み込んだことにより実現している。そして“Cooper Lake”は続く10nmの“Ice Lake”と互換性を有するプラットフォームを使用する。

“Cooper Lake”については公式からの情報が少なく、現行の“Cascade Lake-SP”の次の世代の製品で14nmプロセスで製造される程度の情報しかなかった。そのため、情報が錯綜気味であった。

7月中旬に出ていた情報では、“Cooper Lake”は2種類あり、“Cooper Lake-5”をベースとする“Cooper Lake-P”と“Cooper Lake-4”を2ダイMulti-chip-moduleとした“Cooper Lake-SP”があり、前者が最大26-coreで6-channel DDR4対応、後者が最大48-coreで8-channel DDR4対応と言われていた。

今回公式より明らかになった56-coreの“Cooper Lake”はおそらくは“Cooper Lake-SP”と呼ばれてきたもだろう。48-coreではなく56-coreとなったが、この辺りは情報のズレとするしかない。また56-coreと発表されたことにより、“Cooper Lake-SP”も、おそらくは“Cascade Lake-AP”と同様に28-coreのダイを2つMulti-chip-moduleにしたものと考えやすくなった。そしてダイ自体は(7月中旬に妄想した奇天烈なものではなく)“Skylake-SP”や“Cascade Lake-SP”のExtreme Core Count (XCC) のそれとよく似たものになるのではないかと予想される。

メモリ帯域の向上も言われておりこれも前情報通りではあるが、具体的なchannel数までは明らかにされていない。今のところ前情報の8-channelと言う数字には公的な裏付けはないままとなる。AnandTechでは1ダイあたり8-channelで、2ダイで16-channelになるのではないかと予想しているが、前情報では“Cooper Lake”のダイは元々6-channelメモリであり、12-channelという予想も出来てしまうので、メモリのチャネル数については今後の情報を待つしかない。

“Ice Lake(-SP)”世代と互換性のあるプラットフォームを使うという点も前情報通りである。わざわざこれを強調したということは、56-coreの“Cooper Lake”も“Ice Lake(-SP)”もBGAではなくLGA socketを用いると認識していいのだろうか(7月中旬の情報ではLGA4189と言われていた)。

○まとめ
  ・2020年にCooper Lakeが投入され、最大56-coreとなる (公式発表)
  ・56-coreのCooper Lakeは現行Xeon Platinum 9200よりも低い電力帯となる (公式発表)
  ・Cooper Lakeは推論・学習性能が強化され、bfloat16をサポートする (公式発表)
  ・Xeon Platinum 8200よりも広いメモリ帯域を有する (公式発表)
  ・Cooper Lakeのプラットフォームはその次のIce Lakeと互換性を有する (公式発表)
  ・56-coreのCooper Lakeのメモリチャネル数は8-channel?
  ・Cooper Lake 56-coreは28-coreのダイを2つMCMとしたもの?
  ・Cooper Lake 56-coreとIce LakeはLGA4189 socketを用いる?

(過去の関連エントリー)
“Cooper Lake”と“Ice Lake-SP”はLGA4189を用いる(2019年7月17日)



コメント
この記事へのコメント
165609 
さすがにRomaの後に発表するわけにはいかないという判断か
2019/08/06(Tue) 23:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165610 
MCMとなるとCore2Quad以来かな?
コア間レイテンシとかどうなるんだろ
2019/08/07(Wed) 00:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165612 
EPYC 7442(64C/TDP225W)はXeon Platinum 8280(28C/TDP200W)×1どころか
×2(9282相当)ともいい勝負出来ちゃってるんだよね
https://www.tomshardware.com/news/amd-epyc-7742-vs-intel-xeon-benchmarks,40089.html

Cooper56Cの消費電力が下がる(ピン数的にTDP300Wくらい?)ってことは
性能も9282から下がりそうだし、DL BoostとかAVX512を使わない限りRomeには勝てそうにないね
2019/08/07(Wed) 01:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165613 
あぁ、明日 64-core の Roma の発表なのね。
しかし来年出荷だと、Roma に食われて終わりそう。メモリ帯域はおいしそうだけど、物が出てこなけりゃ絵に描いた餅だしなぁ。
2019/08/07(Wed) 01:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165615 
Kaby LakeやCoffee LakeなXeonの刷新を進めて欲しい
2019/08/07(Wed) 05:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165617 
若干EPYC64コアより上の性能なんだっけ?
デスクトップはスリッパ出てきたらボロ負けだろうから鯖だけでも勝っておきたいのかも
2019/08/07(Wed) 08:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165619 
MCM自体は上位のXeonで以前から採用されてますよ。
2019/08/07(Wed) 17:02 | URL | ライゼン #-[ 編集]
165621 
どんなマジックを使って消費電力を減らしたんだろう
周波数下げた?ただそうするとRomeに負けるし
2019/08/07(Wed) 21:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165627 
EPYC 7702で64コアきたもんなあ
2019/08/08(Thu) 12:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165632 
発表時期は1日早いだけだが、出荷される時期はどうなの?
2020年には出荷て事?
■上半期という事は2020年6月下旬
■そして14nmプロセスルール
■メモリチャネル数は8
■高いAI学習機能を組み込んだprocessorとなり、bfloat16のサポートを“Intel Deep Learning Boost”に組み込んだことにより実現
2019/08/08(Thu) 14:35 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
165634 
競争って本当に大事ね。
2019/08/08(Thu) 21:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165636 
ひょっとして自動運転車に搭載されたりすんのかな?
2019/08/08(Thu) 23:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165637 
さっきTDP400Wとかいう意味の分からない数値を見掛けたけどこれのことかな
まあ、本気でEPYC相手に競争力があると思っているわけではないだろうな
2019/08/08(Thu) 23:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
165682 
14nmのままだと大幅に電力下げられるわけないし
Cooper Lake自体は来年出るんだろうけど性能的にはAMDに大敗するね
9200とかいうのもペーパーローンチでx64最高性能と言うだけの物になりそう
2019/08/12(Mon) 06:42 | URL |   #-[ 編集]
165726 
なんというか、Smithfieldとか焦って出してた頃のIntelを思い出す
2019/08/14(Wed) 02:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9895-47e45530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック