北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
In 2021, Intel pushed the 14nm rocket lake processor again: or there is a new CPU architecture process change.(mydrivers.com)

Core i9 9900KSと“Cascade Lake-X”は今年10月に投入されることが公式に明らかにされている。そして2020年上半期には“Comet Lake”が引き続き14nmプロセスで製造される。“Comet Lake”はアーキテクチャの変更も行われないが、コア数は10-core/20-threadに増強される。

14nmプロセスは2021年になっても使われる。“Comet Lake”の次の世代が“Rocket Lake”でこれが2021年に14nmプロセスで製造される。“Rocket Lake”のコア・スレッド数は“Comet Lake”とおなじ10-core/20-threadにとどまるが、この第11世代となるであろう“Rocket Lake”はアーキテクチャが“Skylake”から進化する世代となる。

“Rocket Lake”はもはや“Skylake”アーキテクチャではなく、その次の世代のCPUアーキテクチャ―“Willow Cove”となる。“Sunny Cove”は10nmプロセスの“Ice Lake”と“Tiger Lake”に使われるものの、これらは主に低消費電力向けのU series及びY seriesにとどまる。
 
さらに興味深いのは“Rocket Lake”そのものにはGPUは統合されないという見方がでていることである。もう少し正確に言うと、純粋なCPUコアのダイとGPUコアのダイをEMIBで接続する形になるという。SKUに応じて14nmのGen 9.5 graphicsを使用したり、10nmのGen 12 graphicsを使用したりすることが可能となるという。

確かに“Rocket Lake”がCPUダイ+GPUダイであれば、統合されるGPUが14nmと10nmが混在するという過去の情報にも合点がいく。またGen 9.5 graphicsを統合した状態で10nmのGen 12 graphicsをEMIBで接続するよりもダイ効率は良くなる。フットプリントで不利になるが、この頃には“Ice Lake”の次の“Tiger Lake”がでるはずなので、フットプリントがシビアな製品には“Tiger Lake”をと考えているのかもしれない。そしてデスクトップ向けの場合、Core i9やCore i7のような多コアの上位製品にはいっそのことGPUを接続しないという選択肢も生まれる。GPUを統合しなければCPUコアに振り向けられるダイサイズも増やせるため、新アーキテクチャ―“Willow Cove”を14nmで製造することもできるのだろう。

ともすれば「“Rocket Lake”に夢を見過ぎじゃないのか?」という話題ではあるが、“Comet Lake”が実質“Skylake改四”であり、これに続く“Rocket Lake”が“Skylake改五”であるよりは、“Rocket Lake”は14nmだが新アーキテクチャの“Willow Cove”を採用する展開の方がよっぽど楽しめる話であるのは確かだろう。

まだ先の話であり、裏がとれているかはなんとなく怪しいため、鵜呑みは禁物ではあるが、多少の期待は寄せてもいいだろう。


コメント
この記事へのコメント
166093 
zen2のトリプルスコアくらいの実測消費電力を叩き出してくれると期待。
2019/09/11(Wed) 00:27 | URL | LGA774 #AIlHpmOk[ 編集]
166094 
ロケットマンLake……
14nmに10nmのものを詰め込むのか
2019/09/11(Wed) 00:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166095 
Rocket Lake、これが本当なら個人的にワクワクする所ではあります。
しかし自分のサブノートpcがそろそろ色々限界なので
Comet Lake世代で更新せざるをえないですね・・・。

アーキ変更やgpuに10nm積むかもとかいいなあ、待ちたいなあと思うものの
多分Rocket Lake出る頃にはもっと魅力的な次世代情報が出てるはず・・・と自分を納得させてComet買います・・・
2019/09/11(Wed) 02:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166097 
インテルは10nm計画が破綻して14nmラインを急遽増強したから元を取るために数年は14nmで稼がないとあかんよね。
GPU分離して歩留まり利益改善。
あながち間違いじゃないかも。
とりあえずメモリを3600標準対応お願いしますだ。
2019/09/11(Wed) 06:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166098 
プロセスシュリンクとアーキテクチャ更新とコア増加のうち一つを次世代に出すのが近年のIntelの戦略のようですね
Ryzen 3000 seriesは3つ全て引き出したため(コア増加分はMCM構成で対応)2世代遅れにされたから負けて当然ですよね・・・
2019/09/11(Wed) 07:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166099 
とは言え所詮14nmだから、集積度とクロックとTrあたり消費電力は変わらないんだろうなぁ。
新アーキでのIPC増加分しか性能向上が見込めない訳で、つまり……
2019/09/11(Wed) 08:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166100 
確かに喜ばしい話だが、2021年だとAMDは7nm+とも6nmともいわれるZen4なんだがな
2019/09/11(Wed) 08:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166101 
14nmではこれ以上のクロック向上は難しいだろうしコスト的な無理を飲み込んででも新アーキ採用する他無いような気はしますね。
DT向けではiGPUをオミットすればダイ面積抑えられますし不可能ではないかな
2019/09/11(Wed) 11:53 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
166102 
真偽はともかく、14nm++にすればWillow Coveもそれなりのクロックで回るのかな?
2019/09/11(Wed) 12:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166104 
> “Comet Lake”が実質“Skylake改四”であり

Skylake 系って、HEDT/サーバー向けの Cascade Lake を除いても

Skylake (第6世代)
Kaby Lake (第7世代)
Kaby Lake Refresh (第8世代)
Coffee Lake (第8世代)
Whisky Lake (第8世代)
Amber Lake (第8世代)
Coffee Lake Refresh (第9世代)
Come Lake (第10世代)
Amber Lake Refresh (第10世代) ※

と8つの改訂版が出てたと思うんですが、
改一~改四に当たるのはこの8つのうちそれぞどれなんでしょう?
改一: 第7世代
改二: 第8世代14nm
改三: 第9世代
改四: 第10世代14nm
ってことなんでしょうか?

Skylake 多すぎ難しすぎ…

※ Amber Lake Refresh は ark.intel.com で 第10世代 Amber Lake と記載されているものを指してます。
  しかしこいつはニュースサイトでは Comet Lake-Y としてアナウンスされているので、改訂版は8つじゃなくて7つなのかも。
2019/09/11(Wed) 16:52 | URL | LGA774 #qsvP4ThM[ 編集]
166114 
マルチでは更に長期的にAMDの優位性が確実なものとなりそうですね

マザボを必ず毎回変えないといけなIntelを選択するにはそれなりの理由が必要になるように感じます

それにしても2年後に発売される新製品のハイレンジが10コア止まりというのはWillowCove採用とはいえ勝負になるものなのか疑問ですね
価格で勝負するのでしょうか?
2019/09/12(Thu) 07:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166119 
Sunnycoveはプロセス依存しないアーキになるとどこかで読んだので、これはあると思ってた。ただそれをどこで見たんだろ?
2019/09/12(Thu) 10:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166124 
いつまでも新アーキ採用しないとアーキテクトが離れちゃうし
かと言っても10nmは諦めるしかなくて7nmはもう少しかかるから
14nmで出すしかなかったようにしか思えない
2019/09/13(Fri) 01:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166128 
GCNを生み出したRaja自身がスコアボーディング廃止を選択したのがGCNが失敗だったというなによりの証拠だな
2019/09/13(Fri) 07:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166135 
>166093
自虐的にmagma lake(溶岩湖)とつけてもいいかもしれない。
2019/09/14(Sat) 00:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166139 
>>166135
では、最上位は
Lava lake i9-12990KFC Burning Editionとか?
……言いたかっただけですすいません。
2019/09/14(Sat) 07:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166148 
166128
当時の設計の流行りや需要もあったから仕様の選択でGCNが失敗だと決めつけるのは…
まぁ、GCNに相応しいターゲット向けの製品が出せなかったのは失敗かもしれないが
2019/09/14(Sat) 11:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166151 
Lava lakeなら正に地獄絵図だな
2019/09/14(Sat) 15:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166160 
GCNは米国エネルギー省が次世代のエクサスケールスパコンに採用するほど優れたGPUなんだが
2019/09/15(Sun) 00:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166188 
12990KFC BE(Burning Edition)ってなんか美味しそうな匂いがしそう…
灼熱と美味しさ
2019/09/17(Tue) 01:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9939-242d0d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック