北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Core i 9000 seriesは“Coffee Lake Refresh”と一般的には呼ばれるものの、実は“Kaby Lake”や“Coffee Lake”世代のコアも使われている。“Kaby Lake”の4-core+GT2は“B0 stepping”、“Coffee Lake”の6-core+GT2が“U0 stepping”でこれに相当するものがそれなりにある。“Coffee Lake Refresh”世代と言えるのが8-core+GT2の“P0 stepping”と“R0 stepping”のものであるが、“R0 stepping”は(おそらく脆弱性周りに)手が入ってる模様で、BIOS更新やOS再インストールを要求される。

そこで、Core i3からCore i9までのS-specとSteppingの一覧を作成してみた。出展は全てIntel ARKである。
 
Core i 9000Stepping
R0P0U0B0
i9 9900KSRG19SRELS
i9 9900KFSRG1ASRFAA
i9 9900SRG18
i9 9900TSRG1B
i7 9700KSRG15SRELT
i7 9700KFSRG16SRFAC
i7 9700SRG13
i7 9700FSRG14
i7 9700TSRG17
i5 9600KSRG11SRELU
i5 9600KFSRG12SRFAD
i5 9600SRF4H
i5 9600TSRF4F
i5 9500SRF4B
i5 9500FSRG10SRF6Q
i5 9500TSRF4D
i5 9400SRG0YSRELVSR3X5
i5 9400FSRG0ZSRFAHSRF6M
i5 9400TSR3X8
i3 9350KSRCZT
i3 9350KFSRF7V
i3 9320SRF7X
i3 9300SRCZU
i3 9300TSRCZW
i3 9100SRCZV
i3 9100FSRF6NSRF7W
i3 9100TSRCZX


前述したとおりBIOS更新やOS再インストールで特に気を使う必要があるものが“R0 stepping”であるが、“R0 stepping”のCPUのS-specは全て“SRG**”となっている。他のsteppingでは“SRG**”のS-specが用いられているものはないため、“SRG**”のS-spec=“R0 stepping”と認識して良さそうである。

またCore i3についてはCore i3 9100Fの“SRF6N”を除き、全てB0 steppingが用いられているようである。

とりあえず9月15日13時10分現在、Intel ARKで確認できるCore i 9000 seriesのSteppingとS-specの関係は上記の通りである。“R0 stepping”を避けたい、逆に指名買いしたい場合などに参考にして欲しい。


コメント
この記事へのコメント
166164 
9400がひどすぎる...w
2019/09/15(Sun) 13:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166165 
表の中にi7の9900KFがありますが、そんなのありましたっけ?
2019/09/15(Sun) 13:57 | URL | LGA774 #/UMzWi8Y[ 編集]
166166 
これは素晴らしいまとめ記事
Intel買うならせめてR0ステッピングやCascade Lakeにしたい
2019/09/15(Sun) 15:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166167 
労作おつかれさまです
2019/09/15(Sun) 16:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166168 
B0って…14nm+なkabylakeダイの流用かな?
B0の9100がH110で動作するという話もあるし
2019/09/15(Sun) 19:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166170 
つまり7700K=9350K ということですね
2019/09/15(Sun) 22:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166171 
もうワケワカメ・・・
2019/09/15(Sun) 22:52 | URL | 775 #-[ 編集]
166172 
GPUで同じことやるとリネームと言われて叩かれるじゃん?
なんでCPUは全部新製品扱いなん?
2019/09/15(Sun) 23:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166180 
訳わからんからRyzen買っておこう
2019/09/16(Mon) 22:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166185 
>GPUで同じことやるとリネームと言われて叩かれるじゃん?
>なんでCPUは全部新製品扱いなん?
インテルのブランド力の為せる業さ
2019/09/17(Tue) 01:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166195 
>>166172
こっそりSP削ってたり,メモリ帯域が削減されてたりしてたからじゃない?
2019/09/17(Tue) 14:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166219 
Core i3 9000番台は、まさかのi7 7000番台のリネームだったなんて・・・ガッカリ
2019/09/18(Wed) 13:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166266 
>>166180
いや冗談や笑い話じゃなくマジでその理由でRyzenにした人結構いそう。
2019/09/20(Fri) 05:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166290 
これじゃぁwin7サポート切れと脆弱性対策でローエンドデスクトップ買い直す意味がない。
コメット(というかインテル全体の)遅延なのはPC買い直しタイミングの企業にとっては痛いところ。
企業のシステム担当者は落胆涙目。
2019/09/21(Sat) 08:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166300 
Ryzen Gにしようと思ったけど
やりたいことが出来なさそうなのでB0だけのi3 9100にしようかなと思ったけど
通販の取り扱い店舗が少なすぎるのでi3 8100にします
2019/09/21(Sat) 19:24 | URL | LGA774 #6PdWsPaE[ 編集]
166339 
B0ステッピングがKaby Lakeだというのは誤りですよ。
B0ステッピングの生のCPUIDを見ると"Model 158 Stepping 11"であり
これはCoffee Lake (refreshではない) のものです。
例えば7700Kは"Model 158 Stepping 9"であり
4コア+GT2というスペックが同じでもCFL世代のものは別のダイであることが分かります。

Model 158に対するステッピングとコードネームの対応付けをまとめると
Stepping 9 : Kaby Lake
Stepping 10 : Coffee Lake (6C), 上図のU0
Stepping 11 : Coffee Lake (4C), 上図のB0
Stepping 12 : Coffee Lake refresh, 上図のP0
Stepping 13 : Coffee Lake refresh, 上図のR0
のようになります。
2019/09/26(Thu) 17:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9946-40e8e303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック