北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Microsoft announces AMD-powered Surface Laptop 3 15(HEXUS)
Surface line gets a refresh in Surface Pro 7 and Surface Laptop 3(The Tech Report)
What we know about AMD's Ryzen "Microsoft Surface Edition" processor(OC3D)
Microsoft Embraces AMD: Custom Ryzen 7 Surface Edition CPUs Debut in Surface Laptop 3 (Updated)(Tom's Hardware)
Microsoft's Surface Laptop 3 with AMD Ryzen 7 3780U and AMD Ryzen 5 3580U(Planet3DNow)
Ice Lake搭載でWi-Fi 6に対応した「Surface Pro 7」が登場(Impress PC Watch)
15型AMD Ryzenモデルが追加された「Surface Laptop 3」の詳細(Impress PC Watch)
新しい Surface Laptop 3(Microsoft)
Surface Pro 7(Microsoft)

Microsoftは10月2日のイベントで新世代のSurface製品群を複数発表した。
発表された製品は多岐にわたり、特別仕様のSnapdragon SQ1を搭載するいわゆるWindows on ARMデバイスとなるSurface Pro Xや、2画面の2-in-1であるSuface Neo、Microsoftとしては久しぶりのスマートフォンとなるSuface Duo等もあるが、ここではよりPCの性格が強いSurface Laptop 3とSurface Pro 7を取り上げる。
 


◇Surface Laptop 3
13.5型と15型の2つのモデルが用意される。13.5型は“Ice Lake-U”―第10世代Core processorを搭載、15型はRyzen processorを搭載する(ただし、15型も企業向けは“Ice Lake-U”を搭載する)。

15型で搭載されているRyzen processorはRyzen 3000 series APU―“Picasso”がベースであるが、Ryzen Microsoft Surface Editionと呼ばれる特別仕様で、型番はそれぞれRyzen 7 3780U, Ryzen 5 3580Uとなり、従来の製品群よりもiGPUのスペックが強化されている。

Ryzen 7 3780UはRyzen 7 3700Uに近いスペックであるが、iGPUはVega 11 graphicsとなり、iGPUのCompute Unit数は11で“Picasso”のフルスペック仕様となっている(3700UはVega 10 graphicsでCompute Unitは10)。
同様にRyzen 5 3580UはRyzen 5 3500Uに近いスペックであるが、iGPUは3500UのVega 8 graphics (8 CU) からVega 9 graphics (9 CU) に強化され、周波数も1200MHzから1300MHzに引き上げられている。

スペックは以下の通りである。

Ryzen mobile 3000 series APU(Picasso / 12nm)
コア数定格周波数
Boost時周波数
キャッシュTDP対応メモリ
GPU
SP数GPU周波数
Ryzen 7
3780U
4-core
8-thread
2.30GHz
Boost 4.00GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-****
'19/10/2
Vega 11 graphics
704spMax 1400MHz
Ryzen 7
3750H
4-core
8-thread
2.30GHz
Boost 4.00GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
35W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 10 graphics
640spMax 1400MHz
Ryzen 7
3700U
4-core
8-thread
2.30GHz
Boost 4.00GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 10 graphics
640spMax 1400MHz
Ryzen 5
3580U
4-core
8-thread
2.10GHz
Boost 3.70GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-****
'19/10/2
Vega 9 graphics
578spMax 1300MHz
Ryzen 5
3550H
4-core
8-thread
2.10GHz
Boost 3.70GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
35W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 8 graphics
512spMax 1200MHz
Ryzen 5
3500U
4-core
8-thread
2.10GHz
Boost 3.70GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 8 graphics
512spMax 1200MHz
Ryzen 3
3300U
4-core
4-thread
2.10GHz
Boost 3.50GHz
L2=512kB x4
L3=4MB
15W2ch DDR4
-2400
'19/1/7
Vega 6 graphics
384spMax 1200MHz


Surface Laptop 3 15インチモデルそのものは、昨今の一般的な15インチノートという印象で、重量は1.54kg、メモリはDDR4-3733(!?)を8~32GB、ストレージはSSDを128~512GB搭載する。

一方、Surface 3 13.5インチモデルはCPUとしてCore i7 1065G7ないしはCore i5 1035G7を搭載する。ストレージは128~1TBのSSD、メモリは8GBないしは16GBのLPDDR4X-3733を搭載する。重量は1.31kgである。



◇Surface Pro 7
12.3型の2-in-1となるのが“Surface Pro 7”である。
CPUは“Ice Lake-U”―Core i3 1005G1, Core i5 1035G4, Core i7 1065G7のいずれかを搭載する。メモリはLPDDR4Xを4GB~16GB、ストレージはNVMe SSD 128GB~512GBである。

重量はCore i3モデルが775g、Core i5モデルが776g、Core i7モデルが790gとなる。うちCore i3とCore i5搭載モデルについてはファンレス仕様、Core i7搭載モデルは性能を重視しファンを搭載している。

ここから先は私事。

・・・2012年からこき使っていた“IvyBridge”―Core i7 3612QM搭載ノートがとうとう文鎮と化したので、いよいよ新しいノートPCを真剣に検討しなければと悩んでいた時にこれが発表された。
ノートPCについてはある程度携帯性を重視したいので、Core i5 1035G4搭載のSurface Pro 7が今のところ一番の候補に挙がっている。

・・・それにしてもRyzen APUの採用もさることながら、ここまで潤沢に“Ice Lake-U”を搭載したモデルをラインナップするとは正直思いもよらなかった(どれかは“Comet Lake-U”になると思っていた)。意外と数が出回るのか、それともSurface向けに大分数を振り向けたのか・・・何にしろRyzen APUにしろ“Ice Lake-U”にしろ、Surfaceという選択肢が出来たのは大きい。



コメント
この記事へのコメント
166489 
Intelの10nm、当初想定よりは数が取れてるって話が事実だったんでしょうね
まあ勿論大手に優先で回してるのもあるんでしょうけど
2019/10/03(Thu) 23:25 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
166494 
予想以上に10nmが作れてそうで嬉しい
2019/10/04(Fri) 02:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166495 
Laptopの15型はちゃんとスペック通りに性能出るのか気になる
HPのENVYより薄いし3780Uはスペックアップしてるから
熱くてサーマルスロットであんま性能出ないというオチにならなければいいが
2019/10/04(Fri) 02:42 | URL | LGA774 #AknFMano[ 編集]
166501 
MSがAPUを「Fastest graphics performance of any laptop in its class」と評してたのが興味深いね
必死に超高速メモリ積んでiGPU最速アピールしてたIcelakeを完全に否定しちゃってる
2019/10/04(Fri) 11:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166503 
他でこの記事を見た時
リリース時期20年末を見て誤植?とか思ったよ。
2019/10/04(Fri) 12:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166505 
今回イノベーションを提供する企業という立場が面白みのないアップルと逆転した感があったと思う。
Windowsに拘っていない事や一部製品でのパーツ換装を容認など、好印象を持つ話が多かった
(windowsphoneの頃にこのような柔軟さがあれば…)。
2019/10/04(Fri) 13:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166507 
特注のGPU強化版っていうからKabylake Gみたいなの想像してました。
2019/10/04(Fri) 17:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166509 
15型か…
大型機ならもう持ってるから今回はパスだな
2019/10/04(Fri) 21:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166519 
WindowsロゴのついたAndroid機とか、意味が分からないw
2019/10/05(Sat) 15:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166530 
45Wの2800にしか搭載されなかった
VEGA11が15Wにも載るとはおもわなかったぞ
すちむーの認証メーラー縛りさえなければ
欲しいのに
2019/10/05(Sat) 22:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166531 
むしろ来年末なのにRyzen Mobile 3のままでいいのかと言う疑問が
2019/10/06(Sun) 01:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166532 
15型はアルミ筐体のみだから、廃熱には相当気を使ってる。

それでも廃熱が足りるかどうかは出るまでわからんな
2019/10/06(Sun) 02:05 | URL |   #BsqUATt6[ 編集]
166533 
欲しかったのはGoの新型だったのだけどな
向こうの人からするとGoは廉価版であって小型軽量はウリと思わんかったか
2019/10/06(Sun) 05:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9975-dcb102e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック