北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Insider rumors: Intel completely eliminates 10-nm plans for the desktop(HardwareLUXX)

HardwareLUXXではIntelのデスクトップCPUに関する内部情報を得る事ができた。
今回の情報で最も重要なことは10nmプロセスのデスクトップCPUが全て取りやめになったことだ。代わりとしてIntelは7nmプロセスに注力するものの、その7nmプロセスが登場するのは2年以上先となる。


Intelは“Ice Lake”ベースのCPUをデスクトップ向けに回せるだけの周波数に到達させられることができず、その代わり14nmプロセスで“Comet Lake-S”及び“Rocket Lake-S”を投入することになった。10nmプロセスのデスクトップCPUは最早投入されない。ゆえに“Ice Lake-S”ないしはその次の“Tiger Lake-S”の初期のEngineering Sampleが出てくる予兆もない。2022年に“Meteor Lake”が最初のデスクトップ向け7nmプロセスCPUとして登場する。

“Coffee Lake-S”以降、2022年までのデスクトップCPUの一覧がHardwareLUXXに掲載されている。
 
ProcessCPU μarchGPU μarchLaunch
Coffee Lake-S14nmSkylakeGen 9.52018
Comet Lake-S14nmSkylakeGen 9.52019/20
Rocket Lake-S14nmSkylake?Gen 122021
Tiger Lake-S10nmWillow CoveGen 122021/22
Alder Lake10nm2022
Meteor Lake7nm2022


“Alder Lake”は“Tiger Lake”の次と言われていた世代であり、これまでは名前だけ出てきていた状態で製造プロセスやCPUアーキテクチャの世代は明らかでなかったものの、今回の情報では“Alder Lake”の製造プロセスは10nmとなっている。そして既に出ないことが確定的な“Ice Lake-S”及び、前々より出ないだろうと言われていた“Tiger Lake-S”もろとも“Alder Lake”もキャンセルとなってしまっている。この期間を繋ぐのが14nmの“Comet Lake-S”及び“Rocket Lake-S”である。そして2022年に7nmプロセスの“Meteor Lake”がようやく登場する流れとなる。
CPUアーキテクチャであるが“Comet Lake”は“Skylake”系列であることが確定しているが、“Rocket Lake”についてはまだ不明な部分が多い(今回の情報では“Skylake”系列となっているが、過去には14nm版“Willow Cove”だとする説もあった。またiGPUについては10nmのGen 12がMCMで組み合わされるとされる)。確実にCPUアーキテクチャが変わるのは2022年予定で7nmプロセスの“Meteor Lake”となるだろう・・・が、“Rocket Lake-S”=“Skylake改五”であった場合、“Sunny Cove”どころか“Willow Cove”ももたらされないことになり、さらに停滞感を感じる羽目になりそうである。

一方、Xeonについては10nm世代は生きてるようである。

ProcessCPU μarchLaunch
Cascade Lake14nmSkylake2019
Cooper Lake14nmSkylake2020
Ice Lake10nmSunny Cove2020
Sapphire Rapids10nmWillow Cove2021
Granite Rapids7nmGolden Cove2022


デスクトップ向けの10nm CPUが全滅となったのは上述の通り、周波数が上がらないためで、加えて言うなれば14nmプロセスが高度に最適化され、かつコストも抑えられるという要因もある。

Xeonは既に発表されている“Ice Lake”及びその次の“Sapphire Rapids”が10nmとなる。とはいえ、10nmの難航の影響を受けなかったというわけではないようで、2020年予定の2種類のCPUのうち、“Cooper Lake”は最大56-core/socketとなるが、“Ice Lake”は28-core/socketにとどまる。今回の情報によるとExtreme Core Count (XCC) とHigh Core Count (HCC) は10nmプロセスの問題をもろに食らった模様である(そうなると、残るのはSmall Core Count (SCC) だけとなってしまうが、“Ice Lake-SP”の28-coreは14-core×2ダイとなるのだろうか?)。

10nmプロセスの問題として、Contact Over Active Gate (COAG) が挙げられている(COAGについてはこのあたりを参照するといいだろうか「ムーアの法則は揺るがない」、Intelが公表した10nmのプロセス技術)。“Cannon Lake”の頓挫がこのCOAGの問題に起因すると今回の情報は指摘している。

“Ice Lake”世代のXeonも周波数の伸び悩みとCOAGの問題は抱えていると推測されるが、Intelは口を閉ざしている。そしてその次の世代の“Sapphire Rapids”も引き続き10nmであるが、10nm++が既に準備されている模様である。

○まとめ
  ・デスクトップ向けに10nm CPUはもたらされない
  ・2020年は“Comet Lake-S”、2021年は“Rocket Lake-S”でどちらも14nm
  ・2022年に7nmプロセスの“Meteor Lake”が予定されている
  ・“Comet Lake”は“Skylake”系のCPUアーキテクチャ
  ・“Rocket Lake”は不明。GPUは10nm Gen 12がMCMでもたらされる
  ・Xeonは10nmのCPUとして“Ice Lake”と“Sapphire Rapids”を予定
  ・“Ice Lake”は“Cooper Lake”と並行投入で、コア数は抑えられる
  ・“Sapphire Rapids”は10nm++プロセス?

怖い人「CoreがなければXeonで組めばいいじゃない」

コメント
この記事へのコメント
166726 
Intelの7nmはTSMCの5N相当なのかな
これまでのプロセスルールからするとそうなるけど、情報が少なくて断定できないな
2019/10/15(Tue) 01:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166727 
あらー・・・。
そんな気はしてたけど出てこないのか、そうか。

2年後に7nmで出たときのジャンプがすごいことになりそうだけどそれまでがなぁ。
Zen3に対して「14nm++でまだまだ勝てる」とか言ってる人いるけど爆熱必須だから売れるわけないしな。
後はAMDが堅実にやれば2年程シェアを奪う時間ができたことになるわけだが
残念ながらPS5の設計でリソースが無いかもしれん。
2019/10/15(Tue) 01:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166728 
おわた。
AMDにしてみるか......。
2019/10/15(Tue) 01:23 | URL | _ #-[ 編集]
166731 
サーバーはワッパ重視だから10nmでも問題なく、デスクトップはパフォーマンス重視だから分が悪いといったところか
下位モデルを上位に近づけたら7nmまでの時間稼ぎは出来そうなもんだけど(pentiumを4c4t、i3を4c8tにするとか)
2019/10/15(Tue) 01:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166733 
2014年の第5世代から14nmだったはずだけど、この分だと21年の第11世代相当まで14nmでずっと行くってこと?7年超やで?intelのプロセスルールが他社より優れてるっていくら言っても、ものには限度があるだろ。びっくり。
2019/10/15(Tue) 01:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166735 
インテルもいよいよ自社ファブを断念しTSMCと協業の時代に?
2019/10/15(Tue) 02:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166736 
intelCEOが7nmを2021年に準備すると発言したのは一体
2019/10/15(Tue) 02:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166737 
「デスクトップPCは時代遅れだ!」というキャンペーンを打ってデスクトップCPUから撤退しそう…
2019/10/15(Tue) 02:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166738 
せっかくTiger LakeとAlder Lakeも覚えてきたのに幻になるとは残念です
Cannon Lakeを持つコレクターが入手できることを願ってます

>>Meteor Lake
またも塵となりそうな名前ですね・・・Zenとかいう地球防衛利器に打ち落とされんことを。
2019/10/15(Tue) 03:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166739 
デスクトップ向けに出ないのはずっと前から言われてて
実際のIceLakeのクロックとTDPを見れば
出せないのは誰もが納得する話だが・・・

クロック低くても許容されて
微細化が最も重要なXCCとHCC向けにすら使えなかったら
もはや存在意義が何もないな
2019/10/15(Tue) 03:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166741 
プロセスが停滞してるのだし、どうせならフロムスクラッチな新アーキを……
や、完成する頃にはIntel 7nmが来てるか
2019/10/15(Tue) 05:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166743 
H/Wがこの有様だと、今度はS/W側でなんとかしようと、ベンチマークソフトが軒並みAVX512忖度とかになってきそうでイヤだなぁ
2019/10/15(Tue) 05:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166747 
なるほど この機会にAMDは在庫整理を進めるってわけか。
2019/10/15(Tue) 07:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166748 
と、油断させる作戦だとスゴイんだけど。
2019/10/15(Tue) 07:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166749 
22年くらいになると
大陸の企業も14nmまで微細化してくるかもしれないね。
大陸製x86の性能も22年だとどれくらいになるのか。
2019/10/15(Tue) 07:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166750 
アンリミテド 14nm Lake ワークス・・・
2019/10/15(Tue) 08:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166751 
PS4もそうだったけど、PS5の開発主体はSonyですよ
これはXboxでも同じで、AMDは基本的にパテント貸す事がメイン
2019/10/15(Tue) 08:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166753 
デスクトップの7nmは7nm+あたりで実質23年なんじゃないかな。
skylake系はkabylakeでキャッシュ弄ってコア性能を完熟させた。
そしてcoffeelakeでコア数アップ。
rocketlakeもMCM化で配線大改造だとしたらまたキャッシュやメモリコントローラー弄って延命なんじゃない?
AMDはTSMCのキャパで増産低価格化できない。
Intelはcomet辺りで14nm追加設備完熟で大生産低価格勝負。
23年までデスクトップのメインストリームCPUはぐだぐだ勝負なんでしょうね。
23年か・・・。
Microsoft+x86の天下なのだろうか?
ブラウザのChoromeシェアのように色々と変わってるのだろうか?
2019/10/15(Tue) 08:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166754 
まあ一応今までの噂通りですかね
さすがにRocketlakeはSkylake系アーキテクチャから脱却するとは思いたいですが
2019/10/15(Tue) 08:43 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
166755 
※166736
21年投入の最初の製品はGPUと明言されとるよ
2019/10/15(Tue) 09:27 | URL | LGA774 #sHxuQVRw[ 編集]
166756 
skylake ref-ref-ref…幾つになるんかわからん
2019/10/15(Tue) 09:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166757 
そのうちカタツムリに燃え上がったCoreプロセッサ載せたCMが、、、(古
2019/10/15(Tue) 09:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166758 
単純に、コスト高&数を作れなくてデスクトップにまわせないだけのような気もする
2019/10/15(Tue) 09:35 | URL | ノ(゜ω゜=゜ω゜)ヽ #-[ 編集]
166760 
>166748
すごいというか、こすい
2019/10/15(Tue) 10:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166761 
この話が本当だとしても驚かないくらいの状況ではある
3ヶ月位前にIntelは「2021年を目処に7nm投入を目指す」と言ってたし今できる10nmの製品(モバイル系等)で10nmは終わり、もう次見てますってのはあり得る話だと思う
2019/10/15(Tue) 11:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166762 
SapphireRapids用の10nm++でも満足できるクロックまで上がらないのかね。
そして7nmは22年か。長いな…。
14nmのCopperLakeと10nmのIceLakeみたいに、10nmのSapphireRapidsと7nmのGraniteRapidsが同年リリースになる可能性もないのかな。

>166737
もしそうなった時はハイスペノート用のHシリーズをデスクトップ共用にしそう。
Atom系のCeleron/Pentium Nで一瞬だけそんな事があって搭載マザボも発売された記憶。(「やっぱやめた」と言わんばかりにデスクトップ専用のJがすぐ追加されたけど)
2019/10/15(Tue) 12:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166763 
まあ、微細化しなくても性能上がってるんだったら問題ないわけでAMDに対抗出来る事ですよね?
2019/10/15(Tue) 12:22 | URL |   #-[ 編集]
166765 
AMD「値下げしなくて済むから儲かるわw」
2019/10/15(Tue) 12:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166766 
インテルは噂を否定してるね
2019/10/15(Tue) 12:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166767 
もし7nmが延期とかしたらどうなるんだ?ちゃんと保険掛けてるのかな?10nmの事思うと予定どうり行くなんて思えないんだけど・・・
2019/10/15(Tue) 13:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166768 
絶望的ロードマップ
一応CPU設計班の方はアーキ改良進めてるから
7nプロセスが良ければで復活する目はあるが・・・
2019/10/15(Tue) 13:38 | URL | - #-[ 編集]
166769 
ハイリスク通り越してギャンブルに見えるんだけど大丈夫なのか
2019/10/15(Tue) 16:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166770 
シングルスレッド性能の呪縛が原因で前世代を上回らないと出せなくなってるけど4Ghzでもいいからワッパのいいice lakeが見たかった。
2019/10/15(Tue) 16:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166772 
なんだかんだいって安心と信頼のインテル派だったけど、さすがにこのニュースは心折れそう
2019/10/15(Tue) 17:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166773 
いっそのことAMDに頼んでRyzenの互換CPU作らせもらったらいいのでは?
2019/10/15(Tue) 18:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166774 
5年も使いまわすskylake
2019/10/15(Tue) 18:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166777 
>166751
そうなん?
でも設計データ渡して後はそっちでやってねなんてあるわけも無し、Sony主体ではあるけどAMDからも人員は割くよね?

AMDのサイトにある「事例研究(トップからだとどこから入れるか分からん)」にあるPS4とXboxのページに「エンジニアリング・リソースとロジスティクス・サポートを提供しています。」って書いてあるからそれなりの人員は割いているはず。
カスタム向けの人員を用意してるにしてもZenに関わった人がいないというのも無いだろうし。

よく考えればXbox向けにも人員必要なのか。
カスタム事業が軌道に乗ってるんならその分のエンジニアリング・リソースは確保してるか。
2019/10/15(Tue) 20:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166778 
Intelは一応このうわさを否定しています
2019/10/15(Tue) 21:16 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
166779 
AMDが殿様商売始めつつあるのでIntelには頑張って欲しいのだが・・・
どちらも競争しあって頂いて、私は一番コスパが良いのを買いたい。

2019/10/15(Tue) 21:19 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
166780 
ConroeからSkylakeまで拡張を続けてきたCoreマイクロアーキテクチャが完全に行き詰まったからジム・ケラーに助けを求めたけど、
さすがに一世代ではどうにもならないからSunny Cove→Willow Cove→Golden Coveの三世代かけてアーキテクチャを一旦整理しましょう(その間は耐えましょう)
…と考えれば7nm + Golden Coveに注力するのは正しいのかもしれない
2019/10/15(Tue) 21:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166782 
DDR5採用して性能底上げするしか手段がないんじゃないかな。
丁度DDR5普及2021年あたりだし。
2019/10/15(Tue) 21:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166802 
>762
第2第3の黄金戦士がー
2019/10/16(Wed) 06:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166808 
>166782
これが本当でHEDT以外には7nmどころかCoveコアも来ないとなると、
枯れきった前世代に応答速度で負けがちな初期の新世代DDRでは足りなくて、
DIMM互換あるいはMB上実装のOptaneを抱き合わせ、
くらい攻めないと自作やハイエンドの市場は守れないのでは…
AMDの方は供給の量と質の面でファブレスの欠点が出るから、
何もしなくてもBtB含めた市場全体がひっくり返るとまでは行かないだろうけれど。
2019/10/16(Wed) 11:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166820 
ジムケラーを信じるんやで
2019/10/16(Wed) 23:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166883 
14nm10年選手来るでこれは
2019/10/20(Sun) 13:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
166894 
噂を肯定すると、2022年までは14nmが主力、7nmはサーバー向けからリリースされ、デスクトップは2023年以降

噂を否定すると、2021年位に10nmのデスクトップがリリースされて数年は出続ける、7nmは2024年以降になる(サーバー優先、PC向けは2025年以降)

10nmは出ないほうが7nmが早まる
2019/10/20(Sun) 23:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9991-d1aac3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック