北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA registers TURING, GeForce RTX and Quadro RTX trademarks(VideoCardz)

8月6日にNVIDIAは“NVIDIA Turing”の商標を登録した。これはNVIDIAが“Turing”の名をハードウェアないしはソフトウェアに用いることの最初の証拠でもある。

さらに興味深いことにNVIDIAは“RTX”の文字列を用いた2種類の商標―Quadro RTXとGeForce RTXを登録した。NVIDIAはNVIDIA RTX technologyと呼ばれるRay Tracing technologyを数週前に明らかにしており、その関連とも考えられるが、RTXの名はソフトウェア技術にとどまらず、GTXに代わる新たな製品ブランドとして用いられるのかもしれない。

関連して“Turing”世代とされるコンシューマ向け製品のラインナップが掲載されている。
[NVIDIA Turing, Quadro RTX, GeForce RTX―NVIDIAの新たな商標群]の続きを読む
Intel Core i9-9900K will boost up to 4.7 GHz with all eight cores(VideoCardz)
Intel Launches 9th Gen Core 8 Core and 6 Core CPUs on 1st October – Core i9-9900K Flagship, Core i7-9700K and Core i5-9600K Unlocked Lineup With New Z390 Boards(WCCF Tech)
Intel's new Core i9-9900K: 8C/16T with all-core 4.7GHz boost(TweakTown)
Intel processor: Final specifications for Core i9-9900K and i7-9700(CompterBase.de)

第9世代Core i seriesに関するIntelのスライド資料がリークした。スライド資料にはCore i9 9900Kとi7 9700KのTurboBoost時の挙動等が記されていた。

まず8-core/8-threadとなるCore i7 9700Kであるが、1-core動作時に4.90GHz、8-core動作時に4.60GHzまで周波数が上昇する。そしてその上の8-core/16-threadのCore i9 9900Kは1-coreないしは2-core動作時に5.00GHz、全コア動作時に4.70GHzまで周波数が上昇する。

Core i 9000 seriesのスペックは以下の通り。
[Core i9 9900KのTurboBoostの挙動―8-core動作時に4.70GHzで動作する]の続きを読む
AMD Radeon PRO WX 8200 pictured(VideoCardz)
(参考)Compute Performance of AMD Radeon(TM) PRO WX 8200 (GeekBench)

Radeon Pro WX 8200の写真が明らかになった。Radeon Pro WX 8200はSiggraph(8月12日~16日)でリリースされると見込まれている。

Geekbenchに掲載されているデータによると、Radeon Pro WX 8200は“Vega 10 (GFX901)”をベースとし、56基のCompute Uniteを搭載する。StreamProcessorは3584となる。
[“Vega 10”を使用したRadeon Pro WX 8200の写真]の続きを読む
Intel's First 10nm Ice Lake-SP Xeon Chips Arriving In 2020, 14nm Cooper Lake-SP Lands In 2019(Hot Hardware)
Intel Server Roadmap: 14nm Cooper Lake in 2019, 10nm Ice Lake in 2020(AnandTech)
Intel "Cooper Lake" Latest 14nm Stopgap Between "Cascade Lake" and "Ice Lake"(techPowerUp!)
年末登場の「Cascade Lake」は深層学習推論性能がSkylake-SPの11倍に(Impress PC Watch)

今年後半にIntelはXeon Scalable Family向けに14nmプロセスの“Cascade Lake”を投入する。“Cascade Lake”はOptane Persistent Memoryのサポート、脆弱性に対するシリコンレベルでの対策、深層学習のサポートなどいくつかの機能が盛り込まれた製品となる。このうち、深層学習についてはハードウェアでアクセラレートされるneural net building/trainingおよびVNNI(Variable Length Neural Network Instuctions)命令が実装される。“Cascade Lake”は2018年末に登場し、続く2019年には“Cooper Lake”が登場する。
[Xeonは2019年に“Cooper Lake”、2020年に“Ice Lake”と推移する]の続きを読む
Intel Intros 660p Series M.2 NVMe SSDs with QLC NAND Flash(techPowerUp!)
Intel SSD 660p brings QLC and NVMe to the masses(The Tech Report)

Intelは8月8日、M.2 NVMe対応SSDの新製品としてIntel SSD 660pを発表した。Intel SSD 660pはIMFlash製の64層3D QLC (Quadruple level cell / 4-bit per cell) NANDと、Silicon Motion SMI 2263 controllerを組み合わせた製品となる。

SSD 660pでは容量の10%をSLC cacheとして使用することが出来る。ラインナップされる容量は512GB, 1TB, 2TBで価格は順に$99.99, $199.99, $399.99となる。

スペックは以下の通り。
[【Intel】QLC NANDを使用したSSD 660pを発表]の続きを読む
AIDA64 adds preliminary support for GV104 and GV104M and Hardware IDs(Guru3D)
Download AIDA64 Engineer (beta) Version: 5.97.4679 beta (Aug 06, 2018)(AIDA64)

診断ソフトウェアはしばしば新たなハードウェアの良い情報源となる。今回はAIDA 64に新たなNVIDIA GPUのPreliminary supportが追加された。
[AIDA64にGV102, GV104, GV104MのPreliminary supportが追加される]の続きを読む
Intel Revamps Data Center SSD Naming Conventions(SeverTheHome)

Intel SSD DC seriesで呼ばれてきた同社のデータセンター向けSSD製品の命名体系が変更される。新命名体系が適用されるのは2018年6月にローンチされた製品からとなる。

Intel(R) SSD Name Portfolioというスライドに新しい命名体系が記載されている。
[Intelのデータセンター向けSSDの命名体系が変更される]の続きを読む
ASUS also adds Core i 9000 Support to BIOSes(Guru3D)
ASUS updates their 300-series motherboards to support Intel's 9000 series processors(OC3D)
ROG STRIX Z370-G Gaming, BIOS & Firmware(ASUS)

ASUSはIntel 300 seriesチップセット搭載マザーのBIOSを更新し、Core i 9000 seriesへのサポートを追加した。最新のBIOSはASUSのWebサイトよりダウンロードできる。

Core i 9000 seriesに対応する新BIOSはIntel 300 series―Z370, H370, B360, H310, Q370を搭載する幅広いマザーボードで提供された模様。

これにより主要マザーボードメーカーは300 seriesチップセット搭載マザーにおけるCore i 9000 seriesへの対応準備を整えたことになりそうである。
AMD 2nd Gen Ryzen Threadripper MCM Configuration Confirmed, More Details(techPowerUp!)
More slides from Ryzen Threadripper 2000 press briefing emerge(VideoCardz)
AMD 2nd Generation Ryzen Threadripper Performance Benchmarks Detailed – 2990WX Crushes The i9-7980XE, 2950X Blazes Past The i9-7900X For Less Than Intel’s Offerings(WCCF Tech)
(参考)
32コアで破格の1,799ドル。AMDが「2nd Gen Ryzen Threadripper」を8月13日から出荷(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)

Tech DayのスライドがWeb上にリークし、AMDがRyzen Threadripper 2000 seriesの24-core及び32-coreモデルにおいて、どのように追加の2ダイを接続しているかを明らかにした。Ryzen Threadripper 2000 seriesはQuad-channelメモリコントローラでPCI-Express 3.0レーン数は64である(うち4レーンはX399チップセットとの接続に使用される)。そしてこれらのI/Oインターフェースは4ダイのうち対角線上の2つのダイに集約される。4つのダイにメモコンやPCI-Express等のI/Oを分散させず、2ダイに集約させたのはX399マザーとの互換性を重視したためである。つまり、メモリコントローラやPCI-Expressレーンが接続されているのは4ダイのうち2ダイで、残りの2ダイはInfinity Fabricを介してメモリやPCI-Expressにアクセスすることになる。
[Ryzen Threadripper 2990WXの構造に関するもう少し詳しい話]の続きを読む
AMD Announces 2nd Generation Ryzen Threadripper 2000, up to 32 Cores/64 Threads!(techPowerUp!)
The AMD Threadripper 2 Teaser: Pre-Orders Start Today, Up to 32 Cores(AnandTech)
ついに32コアの第2世代Threadripperが登場! 8月13日より発売(Impress PC Watch)
Ryzen(TM) Threadripper(TM) 2990WX(AMD)
Ryzen(TM) Threadripper(TM) 2970WX(AMD)
Ryzen(TM) Threadripper(TM) 2950X(AMD)
Ryzen(TM) Threadripper(TM) 2920X(AMD)

AMDは8月6日、HEDT processorの新製品としてRyzen Threadripper 2000 seriesを正式発表した。
Ryzen Threadripper 2000 seriesでは従来の12-core, 16-coreに加え、さらにコア数を増やした24-coreと32-coreのモデルをラインナップし、IntelのCore X High Core Countモデルへの競争力を高めた。第2世代Ryzen Threadripperは予約が開始されており、32-coreを含む2つのSKUは8月に、残りの2つは10月に解禁される。


スペックは以下の通り。
[Ryzen Threadripper 2000 seriesが正式発表される]の続きを読む