北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
MSI MEG Ai1300P and Ai1000P Power Supplies Leaked, Optimized for GPU Power Spikes(techPowerUp!)
MSI MEG PCIe 5.0/ATX 3.0 power supplies are ready for future high-performing GPUs, can hold up to 3X power excursion(VideoCardz)

MSIはハイエンド電源ユニットとしてMEG Ai P seriesを準備している。そしてそのMEG Ai P seriesのローンチプレゼンテーション資料がインターネット上にリークした。

MEG Ai P seriesはATX 3.0とPCI-Express Gen 5.0に準拠し、NatvieでPCI-Express 16-pin 12VHPWRコネクタを搭載する。この12VHPWRコネクタは最大600Wまでの電力供給が可能なものである。MEG Ai P seriesのラインナップは2種類で1300WのAi1300Pと1000WのAi1000Pがある。
NVIDIA GeForce RTX 4090/4080/4070 get new rumored specs, RTX 4070 with 7168 cores and 10GB 160-bit memory?(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 4090, RTX 4080, RTX 4070 Specs Updated Again: AD102 GPU With 16384 Cores, AD103 With 10240 Cores & AD104 With 7168 Cores(WCCF Tech)
午後3:13 · 2022年6月23日(kopite7kimi@kopite7kimi)

もはやNVIDIA GPUのリーク情報ではすっかりおなじみとなっているkopite7kimi氏であるが、今回GeForce RTX 40 seriesのスペック変更を示唆している。

同氏によるとGeForce RTX 4090はこれまで言われていた16128 CUDA core (126 SM) から16384 CUDA core (128 SM) となる。使用される“AD102”には144基のSMが搭載されているが、フルスペックないしはそれに近いスペックのものはTitanないしはGeForce RTX 4090 Tiに使用されるだろう。GeForce RTX 4090のTotal Board Power (TBP) は450W、メモリは21GbpsのGDDR6Xを24GB搭載し、メモリインターフェースは384-bitとなる。
AMD Ryzen 7000X3D Gaming CPUs with 100MB of Cache in Mass Production, Launching this Year [Rumor](Hardwaretimes.com)
AMD Ryzen 7000 ‘Raphael-X’ CPUs To Be Released In Late 2022, Zen 4 With 3D V-Cache To Tackle Intel’s Raptor Lake(WCCF Tech)
午後8:19 · 2022年6月21日(Greymon55@greymon55)

Greymon55氏が6月21日のチートで3D V-cache“Raphael-X”がかなり迅速に投入されるというツイートをしている。そして時期については「CESの時期か?」というリプライに対して「おそらくは今年中」と述べている。そして、“Raphael-X”は既に計画段階のものではなく、既に大量生産の段階に入っていることを明らかにした。
AMD might still be working on a Navi 3X GPU using an MCM design(KitGuru)
AMD rumored to be working on another Navi 3X GPU with 16384 Stream Processors(VideoCardz)
午後5:12 · 2022年6月21日(Greymon55@greymon55)

これまでに何度かAMDがMulti-chip-module (MCM) 設計を採用した“Navi”GPUを開発しているという噂が出ていたが、一方でこの話は矛盾しているという主張も見られた。しかし、今週になり、AMDが“Navi 3x”でMCM設計のGPUを開発しているという噂が出てきた。
(techPowerUp!)
Intel Serpent Canyon NUC Wields Alder Lake CPU, Arc A770M GPU(Tom's Hardware)
NUC 12 Enthusiast pictured(FanlessTech)
Intel NUC 12 “Serpent Canyon” with Arc A770M GPU pictured and detailed(VideoCardz)
New NUC appearance configuration exposure! 12th generation processor + mysterious discrete graphics card?(Baidu)

第12世代のNUC Enthusiastとなる“Serpent Canyon”の写真がBaiduに掲載された。
“Serpent Canyon”は6 P-core + 8 E-coreの“Alder Lake-H”を搭載し、単体GPUとしてArc AlchemistことArc A770Mを搭載する。
CPUとGPUはどちらもMobile向けのものがベースとなっており、Intel Deep Linkが使用されている可能性がある。


NUC12 Enthusiastこと“Serpent Canyon”の名前自体は昨年8月に出てきている。今回はそのもう少し詳しいスペックと写真が明らかにされた。
AMD Introduces Ryzen Embedded R2000 Series(Guru3D)
AMD Ryzen Embedded R2000 SoCs Launched(ServeTheHome)
AMD launches Ryzen Embedded R2000 processors with Zen+ CPU cores and Radeon Vega graphics(Liliputing)

今週はEmbedded Worldであるが、AMDの組み込み向け製品として新たにRyzen Embedded R2000 seriesが発表された。Ryzen Embedded R2000 seriesは“Zen+”コアをベースとした組み込み向け低消費電力SoCである。

Ryzen Embedded R2000 seriesは2019年に投入されたRyzen Embedded R1000 seriesを置き換えるもので、4種類のSKUで構成される。いずれも3または4ディスプレイ出力が可能である。最下位のR2312は2-core/4-threadで8本のPCI-Express 3.0を有する。その上になると物理コア数が4-coreとなり、PCI-Express 3.0のレーン数は16本となる。

ラインナップは以下の通り。