北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
MSI's Entire Lineup of AMD 400-series Chipset Motherbord will Support "Zen 3"(techPowerUp!)
MSI confirms that their entire AMD 400 series motherboard lineup will support "Zen 3" CPUs(OC3D)
MSI promises its AMD X470 and B450 motherboards will support Ryzen 5000 (Zen3) series(VideoCardz)
MSI's Entire Line-Up of AMD 400 Series Motherboards Will Support Ryzen(TM) 5000 Series Processors(MSI)

AMDは10月8日に“Zen 3”アーキテクチャを採用したRyzen 5000 seriesを発表した。最新の“Zen 3”アーキテクチャは現行世代の“Zen 2”を採用したRyzen 3000 seriesと比較して大幅な性能向上を果たしている。このRyzen 5000 seriesに合わせ、MSIは最新のAGESA Combo PI V2 1.1.1.0を全てのX570, B550チップセット搭載マザーボードにリリースし、PCI-Express 4.0の性能を完全に引き出せるようにした。

また根強いアップグレードの要求に応える形で、AMDは400 seriesチップセットに対してもRyzen 5000 seriesに対応するBIOS updateを2021年1月に提供することを明らかにしている。MSIはユーザーの期待に応えるべく、全てのX470, B450チップセット搭載マザーボードにおいて、Ryzen 5000 seriesをサポートするBIOS updateを後に提供する。現在研究開発チームによる評価が現在行われている段階で、詳細なBIOSリリーススケジュールは、AMDからBIOS codeが提供された後に発表する。
[MSIは全ての400 seriesマザーボードでRyzen 5000 seriesをサポートする]の続きを読む
Intel Finally Kills Gen10/Cannonlake-Specific Graphics Code From Their Linux Driver(Phoronix)
Intel Officially Kills Cannon Lake Graphics Support(Tom's Hardware)

Gen 10 graphicsが有効化された“Cannon Lake”は生産・出荷されることなく終わった。そしてIntelのオープンソースドライバの開発者はとうとうLinux OpenGL/Vulkan driverから“Cannon Lake”が搭載していたGen 10 graphicsに関する記述を削除した。

「“Cannon Lake”のためのコードは必要ない。このシリーズは全て闇に葬られたのだから」
[【不遇】Intel LinuxのGraphics Driverから“Gen10/Cannon Lake”を削除]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 Series Features Three Synchronized Memory Clock Domains(techPowerUp!)
Infinity fabric clock uplift would make DDR4-4000 possible for Zen 3(Guru3D)
Leaked slide explains AMD Ryzen 5000 series memory overclocking(VideoCardz)
DDR4-4000 Rumored To Be The New Sweet Spot For AMD Ryzen 5000 CPUs(Tom's Hardware)

“Memory Overclocking”と題されたスライドが明らかにされ、Ryzen 5000 seriesにおけるメモリ周波数とInfinity Fabricの周波数、Unified Memory Controllerの関係が明らかにされている。

デスクトップ向けのRyzenにおいては3種類の重要な周波数がある。
1つめはInfinity Fabric Clock (fclk) である。CPU dieとI/O dieを通信する際の速度で、PCI-ExpressやSATA、USBなどの各種SoCコントローラとの通信速度でもある。2つめはMemory Controller Clock (uclk) である。メモリコントローラがメモリへ入出力のコマンドを行う周波数である。そして3つめはメモリそのものの周波数であるMemory Clock (mclk) である。
[Ryzen 5000 seriesはDDR4-4000まで1:1の同期が可能である]の続きを読む
Intel's Alder Lake-S CPU pictured, Designed for Intel's Future LGA1700 Socket(Tom's Hardware)
Alleged Intel Alder Lake CPU photo surfaces online(Guru3D)
Exclusive: Intel Alder Lake-S CPU pictured(VideoCardz)

第12世代Core processorとなるであろう“Alder Lake-S”の写真がリークした。“Alder Lake-S”はLGA1700と呼ばれる新しいSocketに移行し、パッケージもより大型のものとなる。IntelはLGA1700について“Alder Lake-S”以降2世代にわたって使用できるSocketだとしている。
[“Alder Lake-S”の写真―37.5×45.0mmの長方形に]の続きを読む
Intel Rocket Lake CPU Rumors: 5 GHz All Core OC, Huge Uplift in Gaming & AVX-512 Perf But Runs Hot, Full Support on Z490 While B560 Gets Memory Overclock(WCCF Tech)
Rocket Lake-S could be substantially faster for games than the current Comet Lake-S(Guru3D)
Intel Rocket Lake: Possible Differences Between Core i7 and i9(PCGameHardware)
9 RKL can turbo to 5.4-5.5(ES2 5.3), I guess i7 is around 5.0-5.2.(MebiuW@MebiuW)

“Rocket Lake-S”は第11世代デスクトップ向けCore processorとして2021年第1四半期に予定されている。その“Rocket Lake-S”に関するリーク情報がITCookerやMebiuWによりもたらされている。

その内容は以下の通りである。
[“Rocket Lake-S”に関する噂―Boost時周波数は5.00GHzを超える 他]の続きを読む
NVIDIA Reportedly Moving Ampere to 7 nm TSMC in 2021(techPowerUp!)

DigiTimesによると、NVIDIAはコンシューマ向けの“Ampere” GPUをSamsung 8nmからTSMC 7nmプロセスに移行する計画を立てているという。その移行量は「非常に大きなものになる」といい、しかしながら、全てのコンシューマ向け“Ampere”に反映されるわけでもないという。DigiTimesの報道によるとTSMCはNVIDIAに対しより「友好的」になったという。この背景として、TSMCの7nmプロセスの製造容量に余裕ができたことがあり、この余裕は同社の顧客が5nmプロセスに移行したためでもあり、またTSMCはNVIDIAがSamsungを代わりになるファウンダリと見なしていないと考えている模様である。
[【怪情報】“Ampere”が2021年にTSMC 7nmプロセスに移行するという噂]の続きを読む
Intel Could Fight off AMD Ryzen 5000 just based on lower prices(Guru3D)
I7&I9 8C16T not HAVE 12T(Raichu@OneRaichu)

Twitterのリーカーの一人であるRaichu氏が“Rocket Lake-S”の情報と推定されるリーク情報を投稿している。

  ・Core i7, i9は8-core/16-thread(過去の噂にあった12-threadはない)
  ・Core i7は$400未満、おそらく$349か$379
  ・Core i5は6-core/12-thread
  ・Core i5は$300未満

・・・今のところはあくまでもただの噂である。
[【怪情報】“Rocket Lake-S”のスペックと価格に関する噂]の続きを読む
AMD Ryzen 5 5600 could launch in 2021 at 220 USD(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 5600X 6 Core Reportedly Offers Better Gaming Performance Than Intel Core i7-10700 8 Core CPU, Ryzen 5 5600 Comes In Early 2021 With a $220 US Price(WCCF Tech)

Twitterのリーカーであるharukaze5719氏がRyzen 5 5600が来年初めにローンチされるという噂を取り上げている。とある記事からこの情報を得たと述べているが、オリジナルのソースは失念してしまったという。
[Ryzen 5 5600が2021年初めに$220でローンチされるらしい]の続きを読む
Microsoft confirms AMD Radeon RX 6000 series support AV1 decoding(VideoCardz)
AMD RDNA2 Graphics Architecture Features AV1 Decode Hardware-Acceleration(techPowerUp!)
AV1 Hardware Accelerated Video on Windows 10 (Microsoft)

AMDのRDNA2世代のグラフィックカードはAV1 (AOMedia Video 1) video codecのハードウェアアクセラレーションが搭載される。AV1はVP9 codecと比較すると34%高いデータ圧縮率ないしは20%の圧縮効率向上を実現できるとする。
[Radeon RX 6000 seriesはAV1 decodeに対応する]の続きを読む
Intel Launches the sub-$100 Core i3-10100F Quad-Core Processor(techPowerUp!)
Intel launches quad-core Core i3-10100F at 79-97 USD(VideoCardz)
Intel releases Core i3-10100F to compete against Ryzen 3 3000 CPUs(KitGuru)
Intel(R) Core(TM) i3-10100F Processor(Intel ARK)

IntelはエントリーレベルのゲーミングPCを組む際の興味深い選択肢となる製品―Core i3 10100Fをローンチした。Core i3 10100Fは4-core/8-threadの製品で、“F”が示すとおりiGPUを欠いている。価格はIntel ARKによれば$79~97となっており、同型番でiGPUを搭載するCore i3 10100の$122に対して、$100を切る安価な設定となっている。
[Intel $100未満となるCore i3 10100Fをローンチ]の続きを読む