北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
NVIDIA Introduces NVIDIA RTX 2000 Ada Generation GPU(TechPowerUp)
Nvidia's new Pro GPU costs less than $650 — RTX 2000 Ada Generation arrives with 2,816 CUDA cores and 16GB ECC VRAM(Tom's Hardware)
NVIDIA launches $625 RTX 2000 ADA workstation GPU with 16GB VRAM(VideoCardz)
NVIDIA RTX 2000 Ada Generation(NVIDIA)

NVIDIAは最新世代である“Ada Lovelace”アーキテクチャのワークステーション向け製品をエントリーレベルまで拡充するようだ。2月13日付けでNVIDIAはRTX 2000 Ada generationを発表した。価格は$625となる。

RTX 2000 AdaはSmall Form Factor仕様のカードで、RTX 4000 SFF Adaや前世代のRTX A2000と同形状のカードである。カードの厚さは2スロット仕様で、カード長は16.76cm、ブロワータイプの冷却ファンを搭載する。ブラケットは標準的なATXに対応するものとロープロファイル対応のものを同梱している。
AMD Ryzen 8000G Desktop APUs Don't Support ECC Memory(TechPowerUp)
AMD Ryzen 8000G APUs Excluded from ECC RAM Support(Guru3D)
AMD confirms Ryzen 8000G APUs don't support ECC RAM, despite initial claims(Tom's Hardware)

AMDは1月上旬にRyzen 8000G series APUを発表した。その際、同社はRyzen 8000G seriesがECCメモリに対応できると説明していたが、その後、AMDはRyzen 8000G seriesのページからECCメモリの対応に関する記載をひっそりと削除した。

Tom's HardwareはAMDにRyzen 8000G seriesがECCメモリに対応できるか否かについてと、Ryzen 7 8700G, Ryzen 5 8600G, Ryzen 5 8500G, Ryzen 3 8300GのページからECCメモリに関する記述を削除したことについて問い合わせた。AMDからはECCメモリはマザーボード側が有効化することが出来ず、結果としてRyzen 8000G seriesはECCメモリに対応できないという答えが返ってきた。
Intel's Bartlett Lake-S is incoming, but not to desktop PCs — chips will debut for Intel's NEX group(Tom's Hardware)
It is not ruled out that it will be introduced into the consumer market. The Bartlett Lake-S platform may be a new product of the Intel NEX business group.(BenchLife.info)

“Bartlett Lake-S”はNetwork and Edge向けが優先される製品となりそうだ。

先日、Intelが“Bartlett Lake-S”と呼ばれる製品をローンチしようとしているという噂が流れた。“Bartlett Lake-S”は現行の“Raptor Lake-S Refresh”と同じIntel 7で製造されるとされる。
しかし、BenchLife.infoで得た情報によると“Bartlett Lake-S”は主にNetwork and Edge向けの製品となり、Intel NEX (Network and Edge) 事業部が手がける製品になるという。
Intel Readies Xeon W3500 and W2500 "Sapphire Rapids Refresh" Series HEDT Processors(TechPowerUp)
Intel Xeon W3500/W2500 “Sapphire Rapids Refresh” HEDT lineup has been leaked(VideoCardz)
SPR-112L Refresh(188号@momomo_us)

Xeon W-3500, W-2500 seriesのラインナップが188号@momomo_us氏により明らかにされた。いずれも、“Sapphire rapids”のRefresh版となるモデルである。

スペックは以下の通り。
Intel Arrow Lake-S 24 Thread CPU Leaked - Lacks Hyper-Threading & AX-512 Support(TechPowerUp)
Next-gen Intel Arrow Lake-S CPU spotted with 24-threads and no AVX-512 functionality(Tom's Hardware)
(OC3D)
Intel Arrow Lake-S CPU spotted with 24 threads, no Hyper Threading and AVX512 support(VideoCardz)
I spotted a new #ArrowLake-S (CPUID C0660, 24 threads, 3GHz, w/o #AVX512) among the #Intel test machines:(InstLatX64@InstLatX64)

InstLatX64氏がTwitterで“Arrow Lake-S”のEngineering Sampleを搭載したIntelのテストシステムを紹介している。テストシステムのCPUのスレッド数は24-thread、周波数は3GHzであった。そしておそらくファームウェアで無効化されているものと推定されるがAVX-512のサポートを欠いていた。

シンプルにスレッド数だけ比較すると今回の“Arrow Lake-S”は“Meteor Lake”ベースのCore Ultra 9の22-threadよりも2-thread分多い。しかし、より興味深いのは24-coreで24-threadであることだ。“Arrow Lake”はHyperThreading technologyを欠くという噂があったが、今回のシステムで見られるそれはその噂に沿っていることになる。
NVIDIA GeForce RTX 3050 6GB Formally Launched(TechPowerUp)
The RTX 3050 is making a comeback(KitGuru)
NVIDIA launches GeForce RTX 3050 6GB with GA107 GPU, 70W TDP and no power connectors(VideoCardz)
NVIDIA Intros The GeForce RTX 3050 6 GB GPU At $169 – Designed For 1080p Budget Gaming, No Power Plug Required(WCCF Tech)
First tests: Gaming benchmarks for the GeForce RTX 3050 6 GB with 70 watts(ComputerBase.de)

NVIDIAは2月2日、GeForce RTX 3050の6GB版をローンチした。GeForce RTX 3050 6GBは既存のRTX 3050 8GBよりも安価に提供されるが、VRAM容量を初め、いくつかのスペックが変更されている。例えばメモリインターフェースは96-bitに狭められ、これに伴ってメモリ帯域は8GB版の224GB/sから168GB/sに減少している。

またCUDA core数も8GB版から変更されており、2560基から2304基に削減されている。周波数もBase 1552MHz / Boost 1777MHzからBase 1042MHz / Boost 1470MHzに落とされている。結果、Toral Graphics Powerは130Wから70Wに削減され、補助電源レスの駆動を実現した。

スペックは以下の通り。
ASUS X690E Workstation Motherboard SKUs Listed in ECC Registration(TechPowerUp)
ASUS reportedly preparing AMD X690E PRO WS workstation motherboards(VideoCardz)
ASUS X690E PRO WS workstation motherboard teased: AM5 socket, for Ryzen 7000 series CPUs

Read more: https://www.tweaktown.com/news/95942/asus-x690e-pro-ws-workstation-motherboard-teased-am5-socket-for-ryzen-7000-series-cpus/index.html
(TweakTown)
RU0000059469 (EEC)
午前2:33 · 2024年2月1日(188号@momomo_us)
The X690 is probably the same thing as the X670?(HXL@9550pro)

EEC (Eurasian Ecomonic Commission) のリストにASUSの新マザーボードの型番が掲載された。これを見ると、ASUSはAMD chipsetを搭載したPro seriesマザーボードの更新を予定しているようで、その中にはThreadripper 7000 series向けのWRX90やTRX50チップセットを搭載したマザーボードの型番も確認できる。一方で、RyzenないしはRyzen Proを使用するコンシューマグレードのビジネス向け製品は、X570 chipset搭載製品からアップグレードされていなかったが、今回の情報で同グレードの新しいPro seriesの存在が示唆された。

その新しいPro seriesはX690Eなるチップセットを搭載する“Pro WS X690E-SAGE SE”と“Pro WS X690E-SAGE SE WiFi”である。
AMD reaffirms Ryzen CPUs with Zen5 architecture are coming in the second half of 2024(VideoCardz)
AMD: Zen 5-Based CPUs for Client and Server Applications On-Track for 2024(AnandTech)

2023年第4四半期決算報告の場で、“Zen 5”の予定についてLisa Su氏より言及があったようだ。

“Strix”は“Zen 5”と改良されたRDNA graphics、更新されたRyzen AI engineを搭載し、大幅な性能向上、電力効率、AI機能を実現する。“Strix”を搭載した採用のノートPC製品は今年末に向けて順調に進んでいる。
2024年の見通しだが、PC TAMは昨年比で緩やかな伸びをみせる見込みで、下半期にはAI PCの立ち上がりでより堅調となる見込みだ。AMDも力強い成長を見込んでおり、AI PCのリーダーシップをより強固にするとともに、次の“Zen 5”アーキテクチャのCPU群を投入する。
“Zen 5”世代のEPYC―“Turin”は今年下半期に予定されている。需要を取り巻く環境は入り交じっているが、2024年における古典的なサーバーCPUは強気の成長になると見込んでいる。
Budget-focused “Bartlett Lake-S” reportedly Intel’s fourth desktop LGA-1700 CPU series(VideoCardz)
Intel Bartlett Lake-S Desktop CPUs Rumored To Be Another But Budget Raptor Lake Refresh For LGA 1700 Platforms(WCCF Tech)
BARTLETT LAKE-S - Intel's KILLER Secret BUDGET CPU(RedGamingTech)

RedGamingTechによると、Intelは低価格向けの製品として、“Raptor Lake-S Refresh”をさらに更新した“Bartlett Lake-S”を予定しているらしい。この“Bartlett Lake-S”はLGA1700に対応する。

競合であるAMDは前世代のSocketにも新製品を投入しており、Ryzen 7 5700X3DやRyzen 5 5600GT/5500GTがまもなく解禁される。SocketAM4は比較的長期間に渡って製品ラインナップが維持されている。一方、Intelは1つのSocketの寿命は3~4年となることが多い。
既に6年が経過しているSocketAM4が注目されるのはDDR4メモリのサポートがあるからである。最新のDDR5メモリと比較するとDDR4は比較的安価である。
IntelのLGA1700はDDR4, DDR5両対応であり、DDR4からDDR5への以降を緩やかなものとすることに成功している。


本題の“Bartlett Lake-S”であるが、“Raptor Lake-S”をベースとして更新を仕掛けたものである。そして“Bartlett Lake-S”はLGA1700最後のCPUとなる。同時期に投入される“Arrow Lake-S”はLGA1851を用いる。LGA1851はDDR5のみの対応であり、LGA1700に対応する“Bartlett Lake-S”はLGA1700最後のCPUであると同時に、DDR4に対応する最後のCPUとなる。